2019/07/10

The Chronicle of Noble Lady(2)手編みのレース

浅草寺のほおずき市


浅草寺のほおずき市


去年、7月の浅草寺のほおずき市に行ったとき、裏の駐車場のそばの屋台で一番安いほおずきのかけらを買った。
今年もちょうどほおずき市の日に都内の用事があるので、行きがけに浅草寺に寄った。
その屋台の見知らぬおばさんに会いたいわけではないのだが、今年もいるだろうかと気になって同じ場所へ歩いていくと、今年もそこにいた。

「毎年ここのすみっこが、あたしの固定の場所なのよ。」
「へえ~、、、去年さあ、何でほおずきがご利益があるのか聞いたんだけど、忘れちゃったな、もう一度教えてよ。」
「ええと、あたしもいつもお客さんからその質問をされるんで、答えるのがめんどくさいな。そこの紙に書いてあるから自分で勝手に読んで。」

ほおずきを買って家に置くと、浅草寺に行ってお詣りしたのと同じご利益が1年中ある、と書いてある。

「お~、そうなんだ。じゃあ、1年に1回ほおずき市のときにほおずきを買えば、1年中浅草寺にお賽銭を入れなくてもご利益があるんだね。」
「う~ん、まあ、そうなるのかな、、、」
「じゃあ、2つちょうだい。」
「ありがとう。」


浅草寺のほおずき市


私は今年もそのおばさんから一番安いほおずきのかけらを買ったが、今日はこれからクラシック音楽の師匠Iさんのところへ行くので、2つ買った。
この日、私はIさんに、新しいパソコンのブラウザの使い方をレクチャーした。
Windows7のブラウザは簡単な仕様だが、Windows10はタブブラウザが標準となっており、おばあちゃんにその仕組みを説明して理解させるのはほぼ不可能だった。
しかし、おおむね初期設定は済んだので、2人で椿山荘のルジャルダンに行き、アフタヌーンティーをした。
6月の読売交響楽団の2枚のチケットは、Iさんが関係者からもらった招待券であったから私の負担はなかった。
そこで今回のアフタヌーンティーのお代は、私がドコモポイントの交換で得たお食事券をあてた。


椿山荘のルジャルダンのアフタヌーンティー


椿山荘のルジャルダンのアフタヌーンティー


椿山荘のルジャルダンのアフタヌーンティー


紙一面の黄色に見覚えのあるロゴマーク、、、これはロクシタンである。
化粧品のロクシタンがどう関係しているのか分からなかったが、ロクシタンのアフタヌーンティーという話であった。
ルジャルダンで2時間ほど話していただろうか、私もあまり長い時間喋っているわけにはいかないので、いったんIさんの家に寄ってから帰ることにした。

夕方、Iさんの家に戻ると、あなたにプレゼントがあるのよ、と言われた。
突然のことだし、何をもらえるんですかと聞くと、ディアナダムラウの直筆サイン入りのCDと、レースの雑貨だという。
私は遠慮せず両方もらうことにしたが、レースの雑貨とは何だろう、と思った。
Iさんは書棚からぶ厚いクリアブックを取り出し、そのページをめくっていった。
中には、Iさんの手編みのレースの作品が入っている。

「これは、私の手編みのレースなの。」
「す、すごい。」
「むかしのヨーロッパではね、レースは王様や貴族だけが身に着けられる贅沢品だったの。レースを身に着けていることが、王様や貴族にとっては富と権力の何よりものあかしだったのよ。」
「こんな貴重なものを、ぼくにくれるんですか?」
「そうよ。さあ、1枚だけ好きなのを選んで持っていってちょうだい。私が持ってたってしょうがないんだから、お友達にあげちゃう方がいいのよ。」

私が選んだものを、Iさんは取り出して私にくれた。
家に帰った私は早速、額縁に入れて飾ってみた。
ママ殿は手芸が好きなので、感心した様子で見入っていた。
私はママ殿に、さっきのレースのエピソードを話した。
すると、ママ殿は、あんたのような庶民に不釣り合いだ、というので、言われてみると確かにそうだな、と思った。
でも、それなら私がどこかの良家のお嬢様と結婚したら釣り合うのではないか、というしょうもない話になった。