2021/11/25

以前は「こぼれスパークリング」でしたが、今日は「こぼれシャンパン」なのです、、、

7月、ワインの師匠T先生に旅先のおみやげを渡すため、私はキャプラン東京教室を訪ねた。
しかし、その時は到着時間が早すぎて先生は不在だった。
私は受付の男性に、先生の好きそうなピーナッツのおつまみの袋を渡し、教室を出たのだった。
その約4か月後、私はついにワイン講座でT先生と再会した。
ええと、先生、約1年半ぶりですよね??

ステイホームが契機となり、すっかり足が遠のいた受講生も何人かいるようだが、見覚えのある受講生仲間が何人か座っていた。
おお、懐かしい!!
ピュリニーモンラッシェをズバリ言い当てたSさん(女性)も来ている。


キャプラン


さて、久しぶりに先生の講座を聞いたが、先生の講座はいつもよく練られている。
内容は楽しいし、人格的にもやはり、素晴らしい先生である。
今回の講座ではラングドック(Languedoc)のワインをテイスティングしたのだが、初めてのブドウ品種が2種類あった。
1つはモーザック(Blanquette de Limoux Elegance)、もう1つはピクプールブラン(PICPOUL DE PINET)。
前者は最古のスパークリング産地とも言われるところのNVで、後者はAOC(原産地呼称)の白ワインである。
いずれも口溶け時のファーストインプレッションはよかったし、フルーティーでおいしいが、少々退屈な味であった。
また、カリニャン、シラー、グルナッシュのブレンドを2種類試したが、一方はヴィンテージが古く、熟成しすぎだった。
もう一方はシラーの強烈なフルボディーで、香りも味も申し分のない高価格帯のワインと思い、シンプルなのでカベルネソーヴィニヨン75%の方(MAS DE DAUMA GASSAC)だと思って意見を上げたのだが、それはハズレ。
この2つの判別はみんな迷ったようだが、Sさんによれば、カベルネ75%の方はカベルネ独特の香りがしたといい、彼女にとっては簡単な判別だったようである。


キャプラン


アフターの飲み会は4人でコレド室町にある大衆居酒屋風のワインバーへ。
メニュー表に載っている当店名物の「こぼれシャンパン」って何だろう??
初入店の私だけが知らなかった。
最初の乾杯のため「こぼれシャンパン」を4人分頼んだが、これは、店員がシャンパンをグラスギリギリまで注いでくれる、という太っ腹な演出のものだった。


こぼれシャンパン


ああ、この演出を見ていると、ABCクッキングを思い出すなあ、、、
ABCクッキングでは、計量スプーンにしょうゆなどを入れるとき、私はいつも適当に計量をするので、料理の先生からよく注意されるのであった。

「表面張力でぷるぷるになるまでちゃんと入れてください!!」
「はい、すみません、、、」

これをシャンパンで実行するということか。
いや、でも、よく考えると不正確である。
店員はこぼれる寸前で注ぐのをやめたので、正確には、こぼれシャンパンではないぞ。
まあ、こんな感じで私がくだらないことを言っても、先生の方が一枚上手である。
シャンパンを注ぎ終えた店員に向かって、先生がおもしろいことを言った。

「店員さん、ちょっと聞いていいかしら??」
「はい、何でしょう。」
「失礼ですが、、、以前頼んだ時と比べてグラスがずいぶん小さくなってません??」
!!!(一同)
「ええと、すみません、以前は「こぼれスパークリング」でしたが、今日は「こぼれシャンパン」なのです、、、」(と店員)
「なるほど。ごめんなさいね。わたくし、こういうことだけはよく覚えてまして。」
「いや、先生はさすがです。酒飲みにとってそれは重要な問題ですからね。」
「そうそう、先生は代表で聞いてくれたのよ。」








スパークリングの中でも高価格のシャンパンなら、グラスがいつもより小さいのは仕方がない。
シャンパンで乾杯した後、そこから2時間以上、楽しい話をして盛り上がった。
店を出たのは10時近くだったが、店を出る時、近くのカウンター席でずっと1人で飲んでいた派手な身なりの女性が私たちに声をかけてきた。

「今日はどうも、ありがとうございます。」
「何でしょう??」
「最近はいつも1人で飲んでいるのだけど、今日はみなさんのお話を聞かせてもらい、とても楽しく飲めました。」
「それはよかった。」

コロナ禍で、すっかり1人飲みが定着したものだが、女性は話好きなので、1人飲みではつまらないし、さみしさを感じるだろう。
彼女が楽しく話して飲めるようになれる日が早く来るといいのだけど。

2021/11/24

She doesn't want to start her journey alone











This small trunk(Yuko Higuchi) reminded me of an old fashioned solo-trip song(KomeKomeClub).The fairy(Moe Nakamura), who stands to see the word "旅" meaning journey, is sleeping. She doesn't want to start her journey alone. Sure,our life should be composed with someone.




2021/11/09

名画の余韻

2度目のワクチン接種が終わり、緊急事態宣言も解除されたので、気軽に外出できるようになった。
先月、私は御茶ノ水の井上眼科に定期健診を受けに行ったのだが、その帰り道、約2年ぶりに四季料理「さくれ」に立ち寄った。
四季料理「さくれ」は路地裏の洒落たお気に入りの小料理屋で、リーズナブルでおいしいのだが、店構えをこの目で見るまで無事なのか疑っていた。
この他にも、私は都内のいくつかの場所で、気軽に外食をしたりお茶を飲んだりしたが、行った店は全て無事、まあ、無事でよかったですね、と思いながら黙って食べた。


四季料理さくれ


四季料理さくれ


ただ、銀座の「七賢元酒屋」だけは、無事ではなく、非常に驚いた。
緊急事態宣言中、店主がKさんからSさんに代替わりをしていたのである。
店に入ると、知らない人が厨房に立っていた。
私は嫌な予感がして、思わず、その男性をジロジロ見てしまったのだが、Kさんは無事なの?と聞くと、隠居して悠々自適です、というので、これもまた無事でよかったですね、ということである。
コロナウィルスがこれほど蔓延したなら、店が無事でも店主が客からうつされて死んでしまったとか、そういう不測の事態も考えられるからである。


七賢元酒屋


七賢元酒屋


そして夕方。
私は日本橋にも行き、小伝馬町のBNAWALLアートホテルイン東京を再訪した。
ここは1階のラウンジでビッグサイズの壁画が見られるのだが、8月に訪問した時は倉敷安耶(くらしきあーや、Aya Kurashiki)さんの壁画があった。
しかし、今はもう、彼女の壁画はなくなっており、別の画家の壁画になっていた。
6×6メートルにも及ぶ壁画用カンヴァス、そんな大きなものはもちろんこの場所に1つしかなく、彼女の展示期間が終われば、次の画家のために彼女の壁画は消される運命だった。


BNAWALLラウンジ


テーブル席でアイスコーヒーを飲んだ後、私は新しく描かれた壁画を近くで見た。
なるほど、童話や絵本の挿絵みたいで、かわいらしい作品である。
が、クラブのような大人びた雰囲気のこのラウンジには、やや子供っぽい感じもする。
私は、倉敷さんの壁画の方がよかったなあ、と思った。

それにしても、まさか、本当に、あんな素敵な壁画が消されてしまうとは!!

現場で彼女の壁画がきれいさっぱりなくなっているのを見ると、がっかりするというか何というか、私は妙に感慨深かった。
つまり、これは倉敷さんの名画の余韻の感動である。
しかし、肝心の名画がもうないのだから、会計をして帰るしかない。
私は、アイスコーヒーの代金600円を払って外に出た。
日が沈むのが早まり、もう暗かったが、斜向かいのカミサリー日本橋は相変わらず女子で混雑していた。
さて、これから用事がある。

法律的に言うと、民法には所有権絶対の法則がある。
絶対とは、その物の使用収益処分をする権限を有するのは所有者だけ、ということである。
したがって、このホテルもあの壁画用カンヴァスも、倉敷さんの所有物ではないのだから、消されても仕方がない。
そういうわけで、展示会最終日の8月5日、倉敷さんの壁画が消される直前に再度記念写真を撮りに行ったのは大正解であった。


倉敷安耶壁画記念写真


以下、追記。
その後、倉敷安耶さんは、渋谷の「WATOWA GALLERY」のコンテストで、グランプリを受賞したそうである。

2021年12月21日、私は品川に用事があって、その帰り道、宮益坂の住宅街にある「WATOWA GALLERY」に立ち寄った。
私は特定のアーティストの追っかけではないが、せっかくなので、2階の展示室で、居合わせた男性に頼んで、倉敷さんの作品とのツーショット記念写真を撮ってもらった。
今回の共同展示会の作品は、ギャラリーの関係者(審査員)の採点によりランキングされており、トップが倉敷さんということを聞いていたが、確かに彼女の点数が154.5点でトップであった(2021/12/25「WATOWA GALLERY、偶然の再会」)。


倉敷安耶、WATOWA GALLERY、グランプリ作品

2021/11/05

出版社の裏話

どこかの場所に社長が3人集まる、そんな光景は珍しいが、その3人が女性社長なら、なおさらである。
10月末の日曜日、土浦市立図書館(アルカス土浦図書館)で、「出版社の裏話」という女性社長3人組による講演会が開催された。
私は普段、県央県北には行かないので、その方角のイベントを知らない。
しかし、2回目のワクチン接種を受けるため阿見町の県立医療大へ行った時、途中の土浦でこのイベントを知り、試しに申し込んだ。

当初は、無料講演会なので申し込むだけ申し込んでおこう、ということであった。
ところが後日、時間の確認をしたくて図書館のホームページを見ると、申込開始の数日後に満席のお知らせが出ていた。
これほどの人気なら行くべきだ、と思った私は、当日早めに図書館に着いた。
到着後は開始時間まで館内を散歩し、蔵書を眺めたりして過ごした。




土浦市立図書館(アルカス土浦図書館)


さて、本題の「出版社の裏話」の講演会。
出版社の女性社長3人組とは、以下の方々であった。
3人で図書館の全国行脚をしており、私たち、仲がいいんです、などと言っていた。

下中美都社長(平凡社
喜入冬子社長(筑摩書房
富澤凡子社長(柏書房


出版社の裏話、会場、土浦市立図書館


3人に共通するのは、社長なので行動的でたくましい、その反面、出版業なので思慮深くて上品、ということなのだが、私が最も注目したのは、筑摩書房の喜入冬子社長である。
なんか、この人、樹木希林(きききりん)に似てるなあ、と思いながら、最初から注目していたのだが、あとでGoogleで検索したら、樹木希林とは全然似ていなかった。
まあ、それはともかく、下中社長の話だと、喜入さんは経営者なので編集の現場から退いてはいるが、編集の仕事に携わることもあるという。

そして実は、喜入さんはヒットメーカーと言われるすごい編集者なのです!!(と下中社長)
(会場一同)ええっ、そうなの!?

私には、下中社長のこのセリフで、読書好きの多い会場の空気が一変したように思えた。

じゃ、じゃあ、もしかして、あれかしら??
あたしが趣味で書いたお蔵入りの〇〇〇も、喜入さんにお願いすれば大ヒット間違いなし、印税がっぽりなんじゃない!?

とまあ、そこまで具体的に想像した人はさすがにいないだろうが、講演会の後、きっと誰かが喜入さんに作品を売り込むのではないかと思い、しばらく遠くから眺めることにした。
すると本当に、中年女性が熱っぽく話しかけ、帰ろうとする喜入さんは足止めを食らった。
その人の気持ちはよく分かる。
が、作品を売り込みたいなら冷静に、アポを取って後日筑摩書房に持ち込めばよいのではないだろうか。
なお、例えば喜入さんの手がけた本としては養老孟司氏の「唯脳論」などがある。

一般に、ヒットメーカーといえば作家側の問題と思いがちである。
しかし、編集者の側にもヒットメーカーの括りがあるんだ、と私は思った。
ただし、彼女はゴシップ週刊誌の編集長のような通俗性や気軽さを持ち合わせてはいない。
その編集方針は売上至上主義でもない。
営利企業なので売れるかどうかは厳しく審査するが、思い入れのある本や、なかみのある本をていねいに作りたい、と何度も語っていた。
結局、ヒット作は狙って作れるものではないのだ。
本のヒットとは野球のホームランのようなもの、野村監督的に言うと、それは狙うものではなく、あくまでヒットの延長がホームラン、ということなのだろう。
そして最後の方で彼女は、名前は忘れたが、去年出版した韓国人女性の書いた本を私たちに紹介した。
これは、フェミニズムとジェンダー平等を論じた本と思われるが、彼女の話は純文学作家みたいに難解かつ高尚で、私にはヒットメーカーの言うこととは思えなかった。
しかし、とても印象に残った話なので、その要約を書いて終わろうと思う。

茨木のり子という詩人がいるのですが、彼女は「倚りかからず(よりかからず)」という詩で有名です。
詩の題名のように、彼女のポリシーは「他人に頼らず生きる」です。
太平洋戦争当時、周囲のおとなの言うことを鵜呑みにした彼女は、軍国主義を支持する側に回りました。
この過ちが彼女の詩人としての出発点で、彼女は反省し、他人に影響されるのを嫌いました。
しかし、他人との関係を遮断し、自分の内部だけで考えても、良い詩は書けませんでした。
やがて彼女は、どのような他人とも積極的に関わり、粘り強く対話を続ける姿勢が正しい、と考えるようになります。
この本は、そんな彼女が、かつて日本が植民地支配した韓国の言葉を学び、韓国語で詩を書いたことについての研究作品です。
フェミニズムやジェンダー平等を考える自立した女性にとって、他人との関係では対話が最も重要なのです。

2021/11/01

ABCクッキングで、プチシフォンケーキを作りました







ABCクッキングで、プチシフォンケーキを作りました。普段買うデパ地下のケーキ屋よりも断然おいしかった。料理はやはり、家庭料理や、愛情の込められた手作りに勝るものはない!!