2020/08/07

ホスピタルアートとパブリックフォーラム

きのうは、名古屋市立大学のヘルスケアアートマネジメント講座のことを書いたが、今日もホスピタルアートのことを書こうと思う。
私はまだ受講生の立場だが、ホスピタルアートは市民社会における人権活動のひとつとして位置付けることが可能だと思う。
アーティストの立場からすると、完成したアートを世に出すことをもって創作活動を成し遂げたと言える(例えば、自分のアトリエで自分で眺めても無意味ということ)。
文化芸術活動では、アーティストがアートを表現する「場所」は不可欠の要素であり、場所の保障は芸術活動の自由の保障と不可分である。

表現活動は憲法21条1項で保障される権利であるが、場所の保障に関して、パブリックフォーラムの理論というアメリカの判例法理を紹介しよう(詳細は小林節「憲法」。憲法の基本書に載っていないことが多く、日本ではマイナーな理論である)。
これは集会の自由(例えばビラ配りなど)の保障の議論のひとつで、例をあげると、公道、公園、公共施設などの公権力所有の公共的な場所の使用を市民の表現活動のために認める、というものである。
JRや私鉄などの駅構内で、堂々とビラ配りができる話ではないのだが、少なくとも市営地下鉄の駅くらいならビラ配りに使用できてもよいだろう、ということ。
したがって、民間の病院でアートの活動は無理だとしても、国公立の病院で展示会程度はできてもよいだろう。

第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
② 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。


なごやヘルスケアアートマネジメント推進プロジェクト


さて、アーティストの作品はもちろん、その作品を必要とする人のもとへ届けた方が良いにきまっているが、病院にはアートとマッチングする人たちが多いと考えられる。
時間を持て余している外来患者さん、精神的に落ち込んでいる入院患者さん、リハビリがうまくいかずにイライラしている車いすの患者さん、マイホームとは違うので不安になっている小さな子供などがそうである。
確かに、病院は本来的に患者の病気を治療するための機能的場所であり、そこへアートが持ち込まれるのは違和感や実際上の問題もあるとは思うが、そこは柔軟に考えて具体的課題をひとつひとつ解決していくのだ。

「アートとか、患者の居心地のよさとか、そういうのは病院設計では些末なことです」
「病院設計は、もっとダイナミックなレベルで決められることなのです」
「心の休まるカーテンの色? そんなものどうでもいいのです。それよりも、この最新の医療機器を導入するかどうかが重要な問題です」

まあ、正論だが、ここで私は被災地の仮設住宅の話を思い出した。
仮設住宅の軒先に植木鉢があり、季節の花が咲いている。
病院アートはこういうことだと思うのだ。
この花は被災者にはいやしの花だ。
しかし、それ以外の人には何でもない花だろう。
このように、その立場の人でないと分からない感覚というのがある。
それを自分が理解できないからといって、くだらないとか、不要で些末なものとか決めつけるのは20世紀の考え方である。
まあ、そうは言っても、仮設住宅より植木鉢にお金をかけるのは本末転倒である。
なので、病院アートはビジネスとしてはおいしくないのかもしれない。

2020/08/06

ホスピタルアートとは何か

きのうは、名古屋市立大学のホスピタルアートマネジメント講座(第5回)があった。
これは、なごやヘルスケアアートマネジメント推進プロジェクトが主催しているもので、毎回、病院アートの業界関係者を講師に招き、2時間ほど勉強会をする。
きのうの講座の内容はまた別の機会に書くとして、今日はそもそもホスピタルアートとは何なのかを書こうと思う。

ホスピタルアートをアートセラピーのことだと思っている人も多いようである。
しかし、ホスピタルアートとは、アートセラピーだけを意味するものではない。
都内のホテルを思い出してほしい。
ロビー、ラウンジ、廊下、部屋、いろいろな場所に絵画が飾られているかと思う。
ビジネスホテル、帝国ホテル、ラブホテル、どういうホテルを思い出してもよいが、ホテルはお客さんをもてなすところであり、インテリアにもこだわりがある。
かたや、都内あるいは地元の総合病院はどうか。
最近ではしゃれた病院が増えたものの、病院のなかは殺伐としており、絵画など飾られていないところがまだ多いだろう。
しかし、病院は入院患者が「住む」「暮らす」空間であり、ホテルと同じくらい「ホスピタリティー」が要求される、そういう新しい考え方(?)がある。
まあ、欧米ではそれほど新しくないが、日本ではまだ新しい。
白い壁の待合室、夜も眠れない病室、無機質な検査室、薄気味悪い手術室、どれも患者に不安を与えるので、アートでこの問題を解決しようということだ。





いや、私は殺伐とした病院でも気にならないネ。
病院は治療のための場所であり、ホテルとは違うんだヨ。
私はアートよりテレビで巨人戦を見たいんだナ。

こう思う年配の男性も多いかもしれない。
だが、自分の娘や孫が入院するとしたらどうか。
あるいは、死期の迫った自分の母親が入院するとしたら。
病院アートとは、広めに解釈すると、病院に「いやしの環境」を作るための方法論のひとつで、その方法としてアートを用いることである。
例えば、大病院にはふつう、緑の芝生やベンチのある公園があり、桜の木などもあり、春になると入院患者が車いすで桜の木の下へ行き、看護師さんとイチャイチャしていやされる、というようなことはたぶんないと思うのだが、病院のいやしの環境の典型例は公園である。
まあ、病院アートは、公園のような役割を果たし、患者にも病院関係者にもいやしの効果を与えることを目指している。

ただ、ホスピタルアートには課題がいくつもある。
何といっても、医師は合理主義者であり、この手の話に懐疑的なことが問題である。
また、病院は高度な医療機器のための予算は組んでも、効果の不明確なアートのための予算を組むのはなかなか難しい。
そのため、顧客が少なく、市場が小さいようだ。
まだ、病院アート市場は黎明期と思われる。
しかし、日本はいつも欧米を追いかけるので、時間をかけて変化するだろう。
このとき、アーティストと病院の中に入り、現場を仕切るのがアートディレクターである。
この職業人が少ないため、アートディレクターの養成も兼ねて、このような講座を開いているのである。
さて、講座はあと3回だが、終わったら続きを書くつもりである。