2021/01/17

冒険投資家ジムロジャーズの心構え

リーマンショック後のジムロジャーズは、一貫してコモディティー、ゴールドを推奨していた。
FRBなどの世界の中央銀行の金融緩和制政策(QE)を痛烈に非難していた。
QEにより、お金の価値(主としてドルの価値)が下がるとインフレーションが起こる。
ということはむろん、コモディティー、ゴールドが上昇するはずだからだ。

しかし、相場の実際は理屈通りではない。
好景気なら株価が上昇し、お金の価値が下がればやはり株価も上昇するのであり、振り返ればリーマンショック後は株式だけを買う方が良かった。

なあんだ、答えはいつもシンプルじゃないか。
ジムさん、あなたは考えすぎだよ。

偉大なジムロジャーズにケチをつけたいわけではない。
が、私は彼の話が少しばかり間違っているとは思っていた。
コモディティー、ゴールドは、貨幣価値が毀損されるだけではなかなか上昇しないものなのだ。
これらが上昇するためには、「株式バブル」にならないとだめである。
したがって買う順番としては、リーマンショック後は株式の買い、株式バブルで株式を売り抜け、コモディティー、ゴールドなどを買う、という流れとなる。
ただ、2020年3月のように株価が大暴落した場合は、株式のバーゲンセールを思い切って買う方に投資妙味がある。
そのため、素晴らしい商品相場は本当に短い間しか続かない。
したがって、コモディティー、ゴールドの買いは、ジムが言うほどの投資妙味があるとは言えず、投資の初心者には推奨すべきことではないと思う。
株式なら定期的に配当があり、インフレヘッジをするならコモディティーやゴールドよりも、賃料収入のある不動産を買う方がシンプルで直感的だと思う。


ジムロジャーズ「ジムロジャーズ 中国の時代」「ジムロジャーズ 世界を行く」「ストリートスマート」


さて、ここまでは、偉大なジムロジャーズにケチをつけてしまったが、実は、私の書斎の本棚には、ジムロジャーズの著書がひととおり揃っているのである。

ジムロジャーズ「中国の時代」
ジムロジャーズ「大投資家ジムロジャーズ世界を行く」
ジムロジャーズ「冒険投資家ジムロジャーズのストリートスマート」

などなど、緊急事態宣言のさなか、週末の夜は書斎の本棚をのぞいて本を再読するようになったのだが、彼から学べることは恐らく、推奨銘柄や売買のタイミングではなく、投資家としての心構えだと思う。
駆け出しのころの彼は、ジョージソロスと一緒にクオンタムファンドを運営しており、このヘッジファンドは70年代を代表する元祖ヘッジファンドとも言うべきところであるが、彼はこの時、航空株の買いで大儲けをしたという。
私は当時の考え方をよく知らないが、航空株は今でも、おいしくない銘柄のはずだ。
そもそも航空会社のビジネスモデルが悪いからだ。
しかも当時は原油高だった。
となると、どうして航空株を買うのだろう、という疑問が生ずるが、そこは本を読めば分かる。
ようするに、他人をまねるマインドがだめなのである。

もう1つ、彼がすごいのはバイクと車で世界一周の冒険旅行をしたことである。
ぶ厚い冒険旅行の本を読めば、人生の可能性と素晴らしさを感じることができる。
旅の過程で彼は、発展途上国の中国の未来を予見し、中国株投資を推奨するようになったのだが、自分の足を動かして得た投資情報、この目で見て感じた投資情報は、最も信用できるものだと言える。
ようするに、他人に頼るマインドもやはり、だめなのである。

どんな時も他人をあてにしない、彼のマインドはこれに尽きる。
彼の著書に「娘に贈る12の言葉」という本があるのだが、彼は自分の娘にも独立自尊の精神を教えているのだった。
新型コロナウイルスの危機で、相互扶助の精神は必要不可欠だ。
しかし、危機の時こそ、他人をあてにせず、自分の信念で行動するという精神も重要だと思う。
そうであるなら、もちろん、政府をあてにしすぎてはいけない。
それは本当に重要なことだ。
10万円の給付金をもらっても独立自尊の精神を持ち続けたいものだ。

2021/01/12

国籍はく奪条項違憲訴訟(2)2020年年末報告会

国籍剥奪条項違憲訴訟



去年末、国籍剥奪条項違憲訴訟の年末報告会があった。
この訴訟は、以前の記事で書いたように、私が個人的に少し支援している憲法訴訟である。

2020年3月5日に国籍法11条1項の違憲裁判の口頭弁論があり、関係者向けの報告会を初めて聞いた。
私はどういうわけか、この裁判の支援者なのである。
支援の理由は利害関係があるからではない。
また、必ずしも、けしからんとか、かわいそうとか、そういうことを思ったからでもない。
2019年当時、この裁判の原告たちが、キャンプファイヤーのウェブサイトで寄附を募っていたのだが、必要な金額の2~3割程度しか集まっていなかった。
私は募集記事をたまたま見かけたが、重要な憲法訴訟なのに資金不足では、、、と思って少しのお金を出したのだ。
そして募集の締切り直前に、クラシック音楽の師匠Iさんにもこの話をそれとなく伝えたが、その数日後、募集金額以上の資金が集まっていて、不思議なこともあるんだなあと思った。
さて、お金を出すとせっかくなので話も聞きたくなる。
話を聞くと続きが気になる。
事実は小説よりも奇なり、である。
ということで、この裁判に関わる私は、続きが気になる小説の読者のようなものである。
(2020/02/25「国籍はく奪条項違憲訴訟(1) これはいわゆる「レアケース」??)」

かれこれ3年近くかかり、2021年1月21日東京地裁で第一審判決が出る予定である。
なお、第一審というのは、格闘技でいうと第1ラウンドで、第2ラウンド、第3ラウンドもあると想定されている。

1ヶ月ほど前、私は原告代理人の先生の1人にメールをして、判決前に「まとめ」イベントをしてほしいとお願いした。
すぐ返事があり、12月27日にZoomで行われたのだが、1時間ほどの報告会で裁判の経緯の細かい説明があった。

勝っても負けても、被告(国)が控訴して最高裁までもつれる。
裁判が終わるまでまだまだ時間がかかる。
最終的に私たち原告が勝つ。

まあ、勝てると思うから裁判をするわけであるが、、、第一審判決はどうなるのだろうか(結果は原告の負けだった)。