2022/05/27

おや、国立西洋美術館に、うちのママ殿みたいなのがいる

国立西洋美術館


この日の予定は、上野の美術館とABCクッキング。
午前中、上野の森美術館で水墨画の展示会を見た後、国立西洋美術館へ。
リニューアルオープンの国立西洋美術館は初めての訪問だったが、前庭に余計なものがなくなってすっきりしていた。
私は1時間ほどかけ、常設展の松方コレクションのほうを見た。


ヴィルヘルムハンマースホイ(Vilhelm Hammershoi)の「イーダのいる部屋(Interior with Ida playing the piano)」


2階の展示室を入ってすぐのところに、懐かしい作品があった。
この作品は、ヴィルヘルムハンマースホイ(Vilhelm Hammershoi)の「イーダのいる部屋(Interior with Ida playing the piano)」ではないか。
以前は、常設展の後半、別の場所(1階)に飾ってあった。
その後、見かけなくなり、改装前の2020年ワイン友達のAさんと見に来た時、どこにあるか学芸員に聞いたら、展示替えでお蔵入りしました、と言われたものなのだが。


マリーガブリエルカペ(Marie-Gabrielle Capet)の自画像


これこれ、ご機嫌な女の子の絵。
マリーガブリエルカペ(Marie-Gabrielle Capet)の自画像である。
私にとっては、通りがかりに眺めるいつもの女性であるが、自信に満ちあふれており、プライドも高そうだ。
いかにも花盛り、という感じである。


アンドレドラン(Andre Derain)の「マダムジャンルノワール(カトリーヌヘスリング)」


おや、今度は、うちのママ殿みたいなのがいる、、、
アンドレドラン(Andre Derain)の「マダムジャンルノワール(カトリーヌヘスリング)」である。
子供時代の私から見て、ママ殿って、若い頃はこんなふうだった。
何となく、日本橋あたりのデパートにいそうな既婚女性である。
もっとも、ママ殿も今はもう70代のおばあちゃん、絵のような強い妖気(?)は出ていない。
しかし、怒ると恐いので要注意(??)である。

そうそう、誤解する読者も多いと思うので、話のついでに書いておこう。
私のエッセイは基本的に本当の話である。
ただ、重大な脚色がある。
私の母の呼称である。
私が普段ママ(ママ殿)と呼んでいるのかというと、そんなことはない。
私たちはごく普通の親子、それなのにママ(ママ殿)と書くのはなぜかというと、その方が私たちの会話がユーモラスになるから。
このエッセイのママ殿は、帰宅した私の話を聞き、おもしろいことを言ったり、ツッコミを入れたり、なるほどと思うようなことを口にする、私の相方の役目なのだ。
しかし、相方が「お母さん」では会話がカタい、「ママ(ママ殿)」と呼ぶと何となくイイ感じになるのである。


ベルトモリゾ(Berthe Morisot)の「黒いドレスの女(Femme en noir)」


ベルトモリゾ(Berthe Morisot)の「黒いドレスの女(Femme en noir)」。
noirとはフランス語で黒。
例えば、ワインのブドウ品種のPinot noir、赤ワインであり、黒葡萄のひとつである。

キャプションにはこう書いてある。
「モリゾと近代都市の女性像 《黒いドレスの女性(観劇の前)》をめぐって。私はもう働くことを目的に働きたくはないのです。 甘い考えかもしれませんが、私がマネに贈ったような絵ならきっと売れるでしょう。 今はそのことばかり望んでいます。ベルト・モリゾから姉エドマ宛ての書簡。1871年3月24日付。」
「印象派の主要画家、ベルト・モリゾ。マネの画中にしばしば現れる彼女の毅然とした眼差しを思い浮かべる人も少なくないでしょう。いまだ本格的な美術教育が女性に対して門戸を閉ざしていた時代にあって、モリゾは早くから姉のエドマとともに画家を目指して絵画の制作に励み、1864年、23歳の頃から1873年までに7回もサロンへの入選を果たします。」
「それでも彼女の画家としての知名度はずっと低いものでした。そうしたなか職業画家として身を立てるために彼女がとった「戦略」のひとつが、 同時代を生きる女性たちの姿を積極的に描くこと~それは自らもパリジェンヌであるモリゾにとって非常に身近なモティーフであるうえ、男性画家より社会的・法的制約の多い身であっても彼らに劣らず画題を開拓できる領域でもありました。」
「モリゾが第二回印象派展で「観劇」のテーマを導入したのも「戦略」のひとつかもしれません。前年1月に落成したパリのオペラ座(オペラ・ガルニエ) が、その壮麗な外観のみなら ず豪華絢爛なネオ・バロック様式の内装によって挿絵入りの新聞雑誌で大々的に報道され、そのころ衆目を集めていたからです。」

なるほど。
素通りせずキャプションをよく読むと、いろいろな発見があるものだ。

国立西洋美術館を出た後は、コレド日本橋のABCクッキングへ。
この日のメニューは手打ちパスタ。
担任のU先生が、パスタの打ち方をていねいに教えてくれた。
強力粉と、デュラムセモリナ粉、、、そこに卵と水を混ぜていく。
こね方はパンとかなり違う。

できあがったパスタは、山梨名物ほうとうのようであった。
エビとクリームの手打ちパスタの完成。


ABCクッキングコレド日本橋、手打ちパスタ


ABCクッキングコレド日本橋、手打ちパスタ

2022/05/26

なんか見覚えがあると思ったら、去年の取手商工会の創業ゼミの受講生の方でした




アトレ取手1階のセブンイレブンの向かいで靴磨き店を出しているこの方、なんか見覚えがあると思ったら、去年の取手商工会の創業ゼミの受講生の方でした。客が来ないと言うのでInstagramやTwitterに載せてみますが、私のアカウントではむずかしいと思いますよ♪♪




2022/05/15

最後は、ハッピーエンディング??

浅草寺、雷門


ゴールデンウイークが終わり、久しぶりに用事で都内に行ってきた。
用事が済んだ後、お墓参りをしてから浅草へ。
浅草寺の雷門前は日本人で混雑しており、マスクの着用以外はすっかり日常が戻ったようだ。
仲見世を歩き、本堂でお詣りの後は東側の二天門へ。
雷門は浅草寺の表門(表参道の門)で、昭和35年(1960年)に再建された比較的新しい建造物なのに対し、二天門は江戸時代初期にできた非常に古い門である。
門の左手に重要文化財の案内板があった。


二天門


二天門、マツモトキヨシ、人力車


二天門を出ると左手のビルの1階にマツモトキヨシがあった。
暑いのでジュースを買いたい。
でも、確かここはかつてお土産屋で、2階に「布文化と浮世絵の美術館」があったはずだ。
私は2018年に、津軽のボロの展示を見たことがあるのだ。
しかし、会計の時、マツキヨの店員に聞くと、ずいぶん前になくなったそうである。

おや、マツキヨの前に人力車がとまった。
20代の体育会系女子が汗だくになって人力車を曳いていて私は驚いた。
これもまた男女平等のひとつの形だ。
私はふと、自衛隊や米軍に女性兵士が増えているという話もあるが実際どれくらいの割合なのだろう、と思った。

「お客さん、雷門は60才なんですよ!!」(と人力車の彼女)
「へ~、そうなん。」
「二天門は何才だと思いますか??」
「どうだろう。」

歩きながらだったので何才なのかはよく聞こえなかった。
が、彼女が人力車を曳いて客と談笑しているなら日本は平和である。
彼女の話し方は初々しく、たどたどしく、私はたいていのことはそれほど考えずにアドリブで話せるので、それは気楽なことだが年老いた証拠だと思った。
私だって学生時代はあんな感じだった。

その後、浅草駅から飯田橋駅へ。
神楽坂下の交差点から外堀通りを市ヶ谷方面に歩き、ミヅマアートギャラリーを訪問。
「パンとサーカス展」、作家島田雅彦の新聞連載小説「パンとサーカス」の挿絵をまとめた共同展示会である。




パンとサーカス展


パンとサーカス展


私の主たる目的は水野里奈さんの絵を3年ぶりに見ることだった。
が、水野さんのことはすでにブログに何度か書いたので今回は省略。
展示の挿絵を見る限り、島田雅彦の今回の小説は世紀末SF小説か??
なかなかおもしろそうだが、現在はこれを見て能天気に笑えない世界情勢である。

市ヶ谷駅からJRを乗り継ぎ、6時前に帰宅。
着替えの後、私はまず書斎へ。
書棚に島田雅彦の本はあったっけ??と思ったら、「不惑の手習い」があった。
夕食後、早速読んでみた。


島田雅彦の不惑の手習い


「不惑の手習い」は、40才を過ぎ、趣味にかまける島田雅彦の習い事体験のエッセイで、読みやすくておもしろい!!
島田雅彦は出版当時、私とほぼ同い年の47才、あとがきにそう書いてあった。
この本は2008年の出版、2008年はリーマンショックの年である。
2008年のリーマンショック、2011年の巨大地震と放射能汚染、それ以降、巨大台風、各地の地震などがあり、2020年から新型コロナウィルスのパンデミック、2022年からウクライナ戦争、、、世界も日本もどこへ向かっているのだろう。
本を読んでいくと、最近暗澹たる気分で世紀末SF小説を書いた作家が、習い事の先生(女性)と談笑したり、ハグをしたりしている。
また、ジャンポールエヴァンからショコラ・ショの作り方を習い、これで女を口説けるとか言っている。

そういえば、二天門の人力車を見た後、その先の交差点のところの都立産業貿易センター台東館に寄り道をしたのだ。
どういう施設か見たかっただけなのだが、エントランスで掲示板を見ると会議室でハッピーエンディングプランナー養成講座というのをしていた。


都立産業貿易センター


終活プランナー認定資格かな??
ハッピーエンディング、ではなく、英語で、Happy Ending、、、これもまた日本の平和の証、と思えば、微笑ましいネーミングではある。
ただ、日本の平和は宝だが、今後の世界情勢を冷静に見れば、終活をしてハッピーエンディングなんて、平和ボケそのものだ。
でも、おばあちゃんのおまじないみたいに、それっぽい言葉だけでもいいのかもしれない。
最後はハッピーエンディング??

そういえば、私は、何本かの講演用のレジュメをYさんからもらっている。
Yさんというのは、おととしの講師養成講座で知り合ったFP(ファイナンシャルプランナー)で、あちこちで終活講座をしている。
そこには、(これからの時代は既存の価値観に左右されず)「しなやかに生きましょう」と書いてあった。
この「しなやかに生きる」という言葉は、とても、いいと思った。
彼女のオリジナルかどうか知らないが、この言葉こそ、令和の時代を私たちが生きるうえで、非常に重要なキーワードではないだろうか。

2022/05/11

門倉直子さんの「世界は変化するが私は踊り続ける」

3月の門倉直子さんの展示会のことをまだ書いていなかった。
ギャラリー椿での彼女の展示を、私は寄り道で見ただけなのだが、奥の小部屋に並んでいたのは同じ女の子の絵ばかり、アニメに出てきそうな、かわいらしい女の子の肖像画の連作であった。


ギャラリー椿、門倉直子


ギャラリー椿、門倉直子






シリーズ全体が成長物語のようだ。
絵の中の女の子は次第に大人の女性になり、最後の絵は卒業または就職のシーンか、「時代」という作品である。
眺めながら私は、「そんな時代もあったねと~♪♪」という中島みゆきの「時代」を思い出したが、ミスマッチ!!

何枚かの絵のキャプションの近くに、赤いピンが刺してあった。
へ~、わりと売れてるんだな、と思った。
私がギャラリー巡りをしていて、売約済みの赤いピンが何本も刺さっているのは、非常に珍しいことなのだ(たいていは刺さっていないか、1本だけとか)。
そこで作品リストを眺めると、なかなかイイお値段だった。






後日、展示会の写真を、たまに絵を買うという知り合いに見せた。
すると、単なる女の子の絵で、美術史に残るような感じはしないですね、と言われてしまった。
あら、彼はこの絵にまったく興味がないようだ、、、
なるほど、単なる女の子の絵か、そう言われると確かにそうだ。
しかし、単なる女の子の絵とはシンプルということである。
お客さんはわりと買い求めやすいだろう。
ラーメンでいうと和風のさっぱり味、自宅の壁に気軽に飾れると思った。
これに対し、作家性を全面に押し出したインパクトの強い作品は、ラーメンでいうと家系のこってり味、そういうのはギャラリーで見てお腹いっぱいになってしまう。
私の印象だと、ギャラリー巡りでは後者のタイプを見かけることがわりと多いような気がする。
なので、門倉さんの絵は私にとって後味がよかったということであり、すっかり書くのを忘れていた。

それなら忘れがたいインパクト系の作品の方がいいのか、ということだが、絵を買って収蔵庫にしまっておく、美術史に残るから買うという投資目的(転売目的)のコレクターは、何となくそういう系統のものを好むような気がする。
しかし門倉さんの絵は、私より目利きの彼がそう言うくらいだから、投資目的には適さない、美術史にも残らないのだとするとどうしてこの値段で売れるのかが気になるが、恐らく、飾りたくて買って転売するつもりはないのだろう、と思った。

いずれにせよこの価格で売れるということは何かの理由がある。
少なくとも5分の1、10分の1程度の値段の絵よりは美術史に残る客観的可能性があり、単なる女の子の絵というバイアスは取り除いて眺めると、様々な発見や楽しみがあるのではないか。
私は何となく、門倉さんの絵(世界は変化するが私は踊り続ける)が美術史の片隅に残ってもいいような気もする、、、いや、シロウトの私は何とも言えないので、これくらいにしておくが。


ギャラリー椿、門倉直子


帰りがけ、離れた場所から1枚撮影した。
このときドアが少しだけ開いており、奥からガサガサとビニール袋の音がしたので、誰かがそこにいたのは間違いなかった。
私は、もしかして門倉さんが潜んでいて鑑賞者の反応を探っているのかと思ったが、まあ、ギャラリーの職員が探し物か荷物の整理か、何かの作業でもしていたのだろう。

いや、待てよ。
少しの間、ビニール袋の音がしただけで、あとは静かだった。
ドアの隙間の向こうは、ずっと真っ暗闇。
作業中なら明るいはずだし、何度もビニール袋の音がするのが自然ではないだろうか。

2022/05/08

あんみつ先生のちょっとためになる終活のお話(遺言編)

動画は音声ファイルで、Youtube用に作成したものです。
ダウンロードしたテキスト(PDFファイル)を見ながら視聴してください。


「あんみつ先生のちょっとためになる終活のお話(遺言編)」1/4


「あんみつ先生のちょっとためになる終活のお話(遺言編)」2/4


「あんみつ先生のちょっとためになる終活のお話(遺言編)」3/4


「あんみつ先生のちょっとためになる終活のお話(遺言編)」4/4

2022/05/07

あんみつ先生のちょっとためになる株式投資入門講座(株式投資はインフレ対策として有効なのか??)

動画は音声ファイルで、Youtube用に作成したものです。
ダウンロードしたテキスト(PDFファイル)を見ながら視聴してください。


「あんみつ先生のちょっとためになる株式投資入門講座(株式投資はインフレ対策として有効なのか??)」1/4


「あんみつ先生のちょっとためになる株式投資入門講座(株式投資はインフレ対策として有効なのか??)」2/4
   


「あんみつ先生のちょっとためになる株式投資入門講座(株式投資はインフレ対策として有効なのか??)」3/4
<補足>
・東証株価指数(TOPIX)は新市場区分移行の前後で呼称が変わるわけではない
・日経平均株価は1988年終値30159円、1989年終値38915円であり、1988年も3万円をわずかに越えている


「あんみつ先生のちょっとためになる株式投資入門講座(株式投資はインフレ対策として有効なのか??)」4/4
<補足>
・一部修正中。後日公開予定
・2021年の類似内容の講座(リンク

2022/05/04

シャンプーをした後のワンコさん、ぼーっと立ったままでお疲れのご様子




 
少し前のことですが、めいっ子のワンコと再会しました♪♪ リビングの片隅でシャンプーをした後のワンコさん、ぼーっと立ったままでお疲れのご様子。座ってこちらを見上げると、毛がもじゃもじゃで、ジジくさく見えました( ゚Д゚///)オッサン!!!