2021/06/20

ふつうのラーメン

以前ブログ記事で、おいしいラーメン、まずいラーメンのことを書いた。
今日は、ふつうのラーメンのことを書こうと思う。
まず、最近のラーメン屋は凝ったものばかり作るので、ふつうのラーメンが食べたい時はどうすればいいのか、という問題がある。
私がふつうのラーメンで思い出す店はアメ横の「昇龍」である。
ほかにも、大学の学食にでも行けば、ふつうのラーメンが食べられそうだ。


昇龍


昇龍


こないだ男友達と浅草で会い、お昼をどこで食べようかという話になった。
私が天ぷらがいいと言うと、きのう天ぷらを食べたばかりと言われ、彼がたまに行く仲見世のおいしいラーメン屋に連れていってもらった。
仲見世には松屋の前の横断歩道から入り、今半本店を通り過ぎると、その先に洒落た和風だしのラーメン屋があるのだが、ここがいいなと思ったら、このラーメン屋ではないと言われた。
和風ラーメン屋の十字路を右に曲がると、その少し先に「餃子の王様」という昭和の下町の大衆食堂を思わせる古くさいラーメン屋がある。
彼はその冴えないラーメン屋の建物を指さした。

「ここだよ、懐かしいなあ。」
「えっ、ここに入るの??」(外まで餃子くさい、、、)
「そうだけど。」

店構えを眺めた私は少し腰が引けた。
が、友達のおすすめである。
さっきの和風の店の方がおいしそうだとも言えない。
恐る恐る店内をのぞくと、昼間なのに薄暗く(日当たりが悪い)、狭苦しい感じがした。
おじさんたちの話し声が聞こえ、いかにも雑多な下町の店だと思った。

「ここはねえ、餃子もおいしいが、シンプルな昔のラーメンが食べられるんだ。」
「ほう、ふつうのラーメン?? それはちょっと興味深い。」
「そうだろ?? 今時珍しい、全てが昭和風なんだ。」
「私たちのような昭和生まれのおじさん向けかな。」
「そういうこと。では、入ろう。」

しかし、白い仕事着の男性が現れ、満席なので店外で少し待つように言われた。
まあ、この日の私たちは5分ほどで入店できたのだが、2階の客席でラーメンを注文した後、眼下の道路を見下ろすと、ランチタイムのピーク時には会社員などの長い行列ができていたので、ここはかなりの人気店なのだろう。
私たちは小さなテーブルに向かい合って座り、割烹着の女性に、ふつうのラーメンとニンニク餃子セットを注文した。

「なんか、あの人、「北の国から」のラーメン屋の人みたいだね。」
「最近死んだ田中邦衛の長編ドラマだっけ??」
「そうそう。でも、ここはいかにも「三密」だよねえ。」
「食べたくて来てるんだから、もはや誰も気にしていないけどね。」

いまは新型コロナウィルスのこともあるから、人々には密を避けたいニーズがあるはずだ。
しかし、それでも人間は食欲には勝てない。
おいしい店には、このように長い行列ができ、たとえ狭くても入りたがる客がいる。
誰もがすでにお気付きかと思うが、いま密になっている飲食店は「おいしい店」に違いないのだ。
反対に、いまスカスカの飲食店は、おいしくない店か、たいしたことがない店なのだ。
最近の数少ない外食を思い出すと確かにそうだった。
さて、ここのラーメンと餃子はどうだろう。


餃子の王様


餃子の王様


おお、運ばれてきたラーメンと餃子、あまりにもふつうの外見で、がっかりである。
まったくワクワクドキドキもしないぞ。
だが、食べてみるとなかなか味わい深いのだ。
特にニンニク餃子はインパクトがあり、おいしかった。

「この餃子はニンニクたっぷりだから要注意だぞ。」
「こりゃ、食後にガムを噛まないと匂う、、、」
「でも、マスクをしているから問題ない。」
「そ、そうか!!」

周囲を見ると、老夫婦もカップル客も、テーブルに大皿を数枚重ね、さっきからニンニク餃子を食べまくっているではないか。
口臭を気にして日頃食べたいのに避けたりもする餃子。
どうも新型コロナウィルスは、この店にはむしろ追い風のようである。

2021/06/18

自家製レアチーズケーキを食べました

 

Hello,あんみつ先生です♪ 自家製レアチーズケーキを食べました。ちょっとやわらかすぎのようにも感じますが、おいしかったです(●´ω`●)




2021/06/11

トマトたっぷり冷やし中華を作りました



Hello,あんみつ先生です♪ 今日も暑いですが、トマトたっぷり冷やし中華を作りました。こないだの横浜のホテルの冷やし中華には及びませんが、おいしかったです(●´ω`●)




2021/06/09

ブログ記事をTwitterとInstagramにも手動で載せる方法

ブログにちょっと書き留めておくのは、自分にとっても良いことなのかもしれない。
備忘録ブログはよく目にするが、今まではそもそもブログを持っていなかったので考えたことがなかった。
書いたのに見つからないのが一番困るのだが、ブログならそういうこともなく、検索もすぐできる。


ブログ記事をTwitterとInstagramにも手動で載せる方法


SNSの情報発信については以前の備忘録の記事で1度書いたが、今回はブログ記事をTwitter、Instagramにも手動で載せる方法である。
なお、シェアする、共有するともいうが、ブログ記事を丸写しするわけではないので、その言葉は使わない。
ここでは例題を設定して説明する。

<例題>
①「あんみつ先生のブログ」
記事タイトル「あんみつ先生の役に立たない人生相談」

②「あんみつ先生」のTwitter
「あんみつ先生の役に立たない人生相談」の文章と画像をTwitterにも公開し、ブログにリンクさせる

③「あんみつ先生」のInstagram
同上

まず、Twitterは140文字の字数制限がある。
しかも、字数制限はハッシュタグ(#)も入れて数えるため、例えばラーメンの画像と紹介記事の後に、「#山田太郎ラーメン #おいしいラーメン #こってり醤油ラーメン #家系ラーメン」などといくつかタグ付けするだけで、さらに短いTweetしか書けなくなる。
そのため、最初にTwitterでダイジェストの記事を作成し、Twitterの字数制限をクリアしておく必要がある。
もちろん、Twitterはダイジェストの記事、Instagramはブログ記事の長文をそのまま載せてもよいだろう。


あんみつ先生のTwitter、あんみつ先生の役に立たない人生相談


「あんみつ先生の役に立たない人生相談」はどのようなものか。相談を受けるのはもちろん、役に立たないあんみつ先生である。
#あんみつ先生
#人生相談
#役に立たない人生相談
#オンライン対応

ブログ記事のたった2行を取り出し、タグ付け(紫色の丸の中)も完了し、字数制限もクリア(緑色の丸の中)。
ここにインスタ映えする画像を付けるとよいが、今回は実際には公開しないので省略。


ブログ記事をTwitterとInstagramにも手動で載せる方法


ブログ記事をTwitterとInstagramにも手動で載せる方法


次はInstagramであるが、Tweetをコピペするなどして、同じ内容を作成する。
しかし、Twitter等のSNSでは、1つ1つの投稿記事にURLを入れればそこが自動でリンクされるのだが、Instagramはそれができないのだ。
Instagramの個別記事にはリンクが張れない、ということ。
だから、私のInstagramはプロフィール画面、つまりトップのURL「だけ」が私のブログにリンクされた状態なのである(赤枠内のURL)。
個別記事に、「続き↓↓」~URLを入れても、そこをクリックしたユーザーは何も起こらない(オレンジ色の枠内のURL)。
人生相談の記事に直接リンクできない、目的地に直接リンクできないんじゃあ、ユーザーはブログのトップに着地し、そこで迷ってしまうだろう。
そこで、私はブログのトップに「Instagram Twitter新着~」とリンクを作って誘導しているが、その他にも様々な方法があるだろう。
最近だと、「Linktree(リンク集のマイページを簡単に作れるサービス)」を利用するユーザーが多いようである。

2021/06/05

グーグルドライブ(Google Drive)のバックアップの方法

ブログにちょっと書き留めておくのは、自分にとっても良いことなのかもしれない。
備忘録ブログはよく目にするが、今まではそもそもブログを持っていなかったので考えたことがなかった。
書いたのに見つからないのが一番困るのだが、ブログならそういうこともなく、検索もすぐできる。


「グーグルドライブ(Google Drive)のバックアップの方法」


GoogleDriveの設定


GoogleWorkspaceでドキュメント、スプレッドシート、スライドを使っている場合、これらのファイルはクラウドに保管されている。
GoogleDriveの設定(右上の歯車アイコン)をクリックすると、上記画像のようになるが、オフラインモードをオンにしていても、バックアップファイルがPC上に作成されているわけではない(青い四角)。
緑の四角を見てみよう。
PCからアップロードしたときは自動変換されない設定となっている。
これは例えば、PC上のWordファイルをGoogleDriveにアップロードした場合に、Wordファイルのままアップロードされる、ということである。
アップロードされたWordファイルは、クラウド上で編集などをするときにドキュメントファイルに変換される。
これに対し、GoogleDrive上のドキュメントファイルをPCにダウンロードすると、ドキュメントファイルからWordファイルに自動変換される。
どうもGoogleは、Microsoftオフィスのファイルをなるべく変換しないよう配慮(?)していると思われる。
まあ、ほとんどの人が仕事上Microsoftオフィスを手放せないので、その方がこちらも助かるというもの。

(a)Googleドキュメント⇒Word
(b)Googleスプレッドシート⇒Excel
(c)Googleスライド⇒PowerPoint


GoogleDriveの左画面


では本題へ。
GoogleDriveをどのようにバックアップするか。
GoogleDriveから複数のファイルをダウンロードする場合、ファイルはひとまとめに圧縮され、ダウンロード先に「zipフォルダ」ができる。
例えば、5つの画像ファイルをデスクトップにダウンロードすると、「zipフォルダ」が1つ、デスクトップ画面に表示される。
このフォルダを展開すると5つの画像ファイルが入っている。
GoogleDriveをバックアップするには、このような性質を利用し、バックアップフォルダを作るのがよい、と私は思うのだよね。
というのも、自宅や職場のパソコンでクラウド全部をバックアップするのは、時間も手間もかかり、めんどうくさい。
そもそもGoogleDriveやOneDriveなどのクラウドのデータが消失するとは考えられない(そこまで考えていたらきりがない)。
なので、私たちがデータ保全のためにバックアップをする必要はないと思う。

しかし、トラブルでアカウントにログインできなくなったときに、バックアップがあると非常に助かるということを私は学んだのだ。
災害でネットが切断されたり、パスワードを忘れたり、二段階認証用のスマホが壊れたり、そういう不測の事態のなかで、クラウド上のたった1つの重要書類を取り出せないことが、自分の仕事上致命傷になることもあり得る。
そのために、地道にバックアップをする必要がある。
とすると、私は思うのだが、最近よく使用しているファイルだけでクラウドのバックアップは十分ではないだろうか。
そこで、毎朝、前日使用したファイルのバックアップフォルダを作るようにしている。
そうするとPC上(デスクトップ画面など)には、日付ごとの「zipフォルダ」がずらっと並び、一目瞭然に整理されるので、まあ、実に便利なものである。

GoogleDriveの「最近使用したアイテム」⇒「昨日」使用したファイルをドラッグで選択⇒右クリックから選択したファイルをまとめてダウンロード⇒圧縮(しばらく待機)⇒ダウンロード開始⇒本日の「zipフォルダ」完成⇒昨日のバックアップ完了


GoogleDriveの左画面


GoogleDriveの右クリック画面


GoogleDriveの右クリック画面


デスクトップ画面


なお、PC上にコピーすれば十分だが、マイクロソフトのオフィス、OneDriveを利用しているユーザーは、せっかくなので、下記画像のようにOneDriveに同期させることも考えられる。
ただし、GoogleDriveからダウンロードしたファイルは「zipフォルダ」であり、OneDrive上では圧縮ファイルの解凍はできない点には注意が必要である。
PC上で解凍後に同期させ、同期後はPC上の同じファイルは削除して容量を節約するのがよいだろう。

GoogleDriveからダウンロード⇒PC上に「zipフォルダ」を手動で作成⇒フォルダを右クリック、展開を選択すると解凍される⇒OneDriveに自動同期⇒PC上の「zipフォルダ」、解凍フォルダの削除


OneDriveバックアップ管理画面

2021/06/04

こないだ食べた椿屋カフェのパスタをまねてみましたが



こないだ食べた椿屋カフェのパスタをまねてみましたが、パスタソースを間違えました(;・∀・) でも、私の手作りパスタの方が、おいしいです(●´ω`●)




2021/06/02

ウェブサイト、ブログ、GoogleBlogger等にグーグルカレンダー(GoogleCalendar)を表示する方法

ブログにちょっと書き留めておくのは、自分にとっても良いことなのかもしれない。
備忘録ブログはよく目にするが、今まではそもそもブログを持っていなかったので考えたことがなかった。
書いたのに見つからないのが一番困るのだが、ブログならそういうこともなく、検索もすぐできる。


「ウェブサイト、ブログ、GoogleBlogger等にグーグルカレンダー(GoogleCalendar)を表示する方法」


ひと言で説明すると、YouTube動画を貼り付ける方法とほぼ同じ要領である。
自分のGoogleカレンダーが①プライベート用、②事務所用の2つある場合、それぞれがYouTubeの1本の動画のようなもので、②の「埋め込みコード」をコピペして貼り付けると、②だけが表示される、ということである。
なお、埋め込みコードではなく、URLを挿入してリンクさせる方法もある。

Googleカレンダーの設定(右上の歯車、1枚目の画像の赤丸)⇒設定クリック⇒マイカレンダーの設定(左側スクロール、2枚目の画像の赤い四角)⇒カレンダーの統合⇒埋め込みコードをコピペ






まず、カレンダーを公開設定にする必要がある。
公開非公開については、アクセス権限から設定する(緑色の四角)。




オレンジ色の四角が埋め込みコードだが、その下に「カスタマイズ」と書いてある。
ここをクリックすると、カレンダーに表示する事項、表示しない事項を選択できる(黒い四角)。
また、紫の四角のところで、カレンダーのサイズ変更ができる。





次に、ブロガーの設定を下記のように行う。

ブロガーのレイアウト⇒ガジェット追加⇒HTML/JavaScript⇒埋め込みコードを貼り付ける⇒おや、プレビュー画面だと記事からハミ出している⇒紫の四角の数字を小さく変更⇒OK

これできれいに収まり、完成となった。
おしまい。






プレビュー


完成画面