2021/03/29

あんみつ先生、あんみつ屋へ行く

あんみつみはしの白玉あんみつ


あんみつみはしの白玉あんみつ


先月のブログ記事に、アトレ上野のあんみつ屋「あんみつみはし」が満席で入れなかったと書いた。
なに、あんみつ先生があんみつを食べる写真を撮りたかっただけなのだが、、、先週ついに、上野広小路の「あんみつみはし」であんみつを食べてきた。
ただ、新聞社のFさんと一緒だったので、男同士では記念写真のようなしゃれたものはなく、おいしい白玉あんみつの写真があるだけである。


県南生涯学習センター講座室




さて、あんみつ先生の「ちょっとためになる金融と経済のはなし」が3月28日に無事全て終了した。
受講生、関係者には心より感謝を申し上げたい。
まず、新型コロナウィルスの感染拡大で、1月の開始直前に多くのキャンセルが出た。
次に、1月~2月の茨城県独自の緊急事態宣言で、3回目以降が振替となり、欠席者が多く出た。
やや内容が難しかったというご指摘もあったが、それにしては、ほとんどの受講生が最後までよく聞きに来てくれたと思う。

実は、セミナーをした茨城県県南生涯学習センターは土浦市役所のビルの中にあり、公共施設なのである。
そのため、茨城県の緊急事態宣言が出たらセンターは休みになり、むろん私の講座も中止になる運命と覚悟していた。
第1回目の講義は1月10日、日曜日。
茨城県独自の緊急事態宣言が出たのは1月15日、金曜日であった。
センターのホームページを見ると、1月17日日曜日開始の他の講座は軒並み中止となっている。
もし開始が一週間ずれていたらと思うと、危機一髪とはまさにこのことだと思わずにはいられない。

講義終了後、何人かの受講生が私のところに来て、お礼を言われたのがうれしかった。
また、講師養成講座で知り合ったOさんから、ブランデーケーキの贈り物をいただいた。
彼女は現役のセミナー講師で、FP(ファイナンシャルプランナー)であるが、FPは資産設計の専門家で投資のことまで詳しく知らないので、大変勉強になったといわれた。
ブランデーケーキはつぶれやすいので、つぶれないように大事にかばんに入れて持ち帰った。
明日のおやつが楽しみである。


ブランデーケーキの贈り物


■講義概要
「なるほど!プロの株価分析法」

①テクニカル分析
・人にだまされないためには価格のみを分析するほうがいい=金融商品の価格分析の方法=テクニカル分析
・ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析
・チャート(Chart)の見方
・超簡単なテクニカル分析
・株価分析はズバリ的中するのか、いや、株価を正確に予想することは不可能である
・リスクマネジメント=機械的に損切りをしましょう

②高度なテクニカル分析
・例えばこういうオリジナル手法がある
・テクニカル分析の仮説とその検証
・テクニカル分析の予測とその限界


「プロの株価分析法(ロウソク足)」


「プロの株価分析法(ボリンジャーバンド)(1)」


「プロの株価分析法(ボリンジャーバンド)(2)」