2021/03/22

勝利の女神とともに

先週末、私はアーティゾン美術館に行ってきた。
アーティゾン美術館とは、去年リニューアルされたばかりのブリヂストン美術館のことである。
素晴らしいコレクションを展示しており、原則としてカメラ撮影もできる。
私は、WSET3の試験の合格祝いで、Aさんと一緒に行ったのだが、展示室で作品を見ている間ほとんど別行動をしていた。
その方が、お互い見たい絵をじっくり見られるからだ。


アンリマティス


アンリマティス


アンリマティス


先に見終わったAさんから、私のスマホにラインが入った。
展示室出口のラウンジで待っているという。
私は最後の展示室のアンリマティスのコレクションを見て、彼女より10分ばかり遅れてラウンジに出た。
彼女は高級そうな石のベンチに座っていた。
帰ろうかと思ったが、私は窓際に最後の作品があることに気付いた。

「Aさん、あの彫刻はもう見た?」
「見たよ。」
「ちょっと自分も見てきます。」
「どうぞ。」


クリスチャンダニエルラウホの彫刻「勝利の女神」


最後の作品は、クリスチャンダニエルラウホ「勝利の女神」。
私は、ふと思い立ってAさんに声をかけた。

「ちょっとこっちに来て。」
「めんどくさい~。」
「勝利の女神なんて、合格記念にうってつけじゃないですか。記念写真を撮ってから帰りましょうよ。」
「まあ、いいけど、、、」

私たちは通りかかりの若い男性に頼んで、勝利の女神の前で記念写真をとってもらった。
その後、銀座に行き、ラーメン屋「篝(かがり)」のカウンター席でお昼を食べた。
こないだ食べたときは、さっぱりした醤油味であったが、今回はこってりした醤油味。
昼食後、彼女は別の予定があるといい、私は翌日講義が控えているので、私たちは銀座駅で別れたのだった。


銀座篝本店のラーメン


銀座篝本店のラーメン