2021/12/22

私の書いたことが本になるなんて

プロフィールにあるように、私は金融経済の専門家でもある。
私は金融経済の専門家として、様々な分析方法を知っておく必要があると思う。
そこで今日は、金融商品の価格分析の方法(テクニカル分析)の認定資格試験を受けてきた。
正式には、日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリストという資格試験である。
試験会場は新御茶ノ水ビル、ここは私の主治医の井上眼科のあるビルであるが、千代田線新御茶ノ水駅直結なので迷いようがない。
ただ念のため、3時間以上早めに自宅を出た。

以上は、2020年1月のブログに書いたことである。

幸運にも私は、この試験に合格できたが、実は11月14日、この試験の上級資格試験を受けてきた。
正式には、国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリストCertified Financial Technician(通称CFTe)という資格試験である。

10月~11月の私は、分厚いファイルに自分で作った論文試験問題を100問ほど綴じ込み、これを持ち歩いてひたすら暗記をしていた。
この試験、私にはなじみのない銀行証券業界人向けのマニアックなものである。
論文(小論文)形式なので暗記事項がたくさんあるのだ。

11月14日、大手町で本試験。
電車が止まるとまずいので、試験当日は早めに家を出た。
午前中は、試験会場近くの喫茶店を数件回り、直前の追い込み。


日本橋高島屋、パスカルカフェ


最初に入ったエクセルシオールカフェは、場所が狭く、客が多いため集中できず、11時すぎに、日本橋高島屋のパスカルカフェへ。
広い喫茶店のテーブル席で、ブランチを食べながら、必死に暗記をした。
奥のテーブル席では、高齢の男女のカップルが昼間から何本もワインをあけて楽しんでいる。
店員の女性が、新しいワインボトルを手にして、行ったり来たり。
カウンター席のほうでは、生命保険の営業の女性が、身なりのいいおじいさんに何やら金融商品の売り込み中。

その営業トークが聞こえてきたが、このおじいさん、何も知識がないようだ。
しかし、投資をするなら、見知らぬ美女の言いなりになるのではなく、自分自身で考えるというアプローチが必要不可欠だと思う。

ところで、経済評論家山崎元さんは、投資における最大のリスクは金融商品そのものではなく、あなたと関係する人間である、と断言する。
例えば、銀行証券生保の営業、FP(ファイナンシャルプランナー)など。
山崎さんはFPも信用するな、と言っている。

えっ、FPは国家資格、信用していいと思うのだが、どうしてだろう??

国家資格を持っていても手数料目当てであなたに接近するという点では、金融機関の営業マンと同じだからである。
そもそもFPは国家資格だが、弁護士や司法書士、税理士のように、法律で独占業務を与えられているわけではない。
そうなると、金融商品の販売手数料で利益を得るために営業目的で講座をしたり、相談をしたり、ほとんどのFPが収入を確保するため、そうせざるを得ない実情があるということを、私は聞いたことがある。

しかし、さすが、山崎さん、手厳しいが、正しいことをおっしゃる!!
もっとも、FPでも「相談料有料」の場合は、上記の理屈があてはまらない、相談料を支払うあなたのためにアドバイスをするはずであるから信用していい、と山崎さんは言っている。


山崎元、お金の運用術


Aさんにすすめられて買う⇒下がって含み損になる⇒Aさん「大丈夫ですよ。なぜなら~」⇒さらに下がって大損をする

つまり、買った株式や投資信託が下落して損をしたという場合に、あなたは他人を信用して買っているでしょう、投資の世界では、他人を信用することがそもそもの間違いなんですよ、と山崎さんは言いたいのである。
例えば、投資をすすめる人が自分の親友でも恋人でも、とてもいい人でも、けっしてその人の言葉を信用して投資をしてはいけないのである。

過激派の山崎さん、いったい何が言いたいのだろうか??

他人を信用して自分でよく考えない、これがダメだと言いたいのである。
他人を信用しないで自分でよく考えてください、ということだ。

その意味でいうと、山崎さん、あなた自身だって信用できませんよね~??と私は思うのだが、、、本を読むと山崎さんはちゃんとこう書いている。

私は楽天証券の研究員です~信用できるかどうかは読者のあなたがお決めなさい。


山崎元、若田部昌澄、知るぽると対談記事


ねえ、ちょっと、山崎さん、、、
あなたって、口は少々悪いが本音のおじさん、おもしろい人ですね~♪♪

ただ、私は山崎さんとは異なり、金融商品の価格分析の方法(テクニカル分析)がいい、と思っている。
なぜなら、価格というのは、よくしゃべり愛想のいい金融関係者とは異なり、客観的かつ公正で、信用に値するからである。

しかし、価格は信用できても、価格予測が信用に値するかはまた別の話。
この点では、私はテクニカルアナリストでありながらも山崎さんと同じような立場、つまり、テクニカル分析もテクニカルアナリストも信用できない、という立場である。
未来の価格なんか、神様以外、分かりっこない。
価格分析をするテクニカルアナリストの分析能力なんてたかがしれている。
また、その時々の金融経済情勢、あるいは想定外の出来事や事件にも価格は大きく左右される。

というわけで、私はテクニカル分析のプロフェッショナルのテクニカルアナリストです~信用できるかどうかは読者のあなたがお決めなさい(*'ω'*)




試験では3時間にわたり、ひたすら小論文と投資レポートを書いた。
試験終了は5時近く。
鉛筆を持つ手が痛くなった。
ああ、疲れた、、、
試験でこんなに気力を使い果たしたのは何十年ぶりだ。

そして数日前に、合格発表があった。
おそるおそる協会のホームページを見ると、合格者の中に、私の受験番号があった!!
自己評価では、合格水準以上と思っていた。
が、やはり、試験は合格発表をこの目で見るまでは、受かった気がしない。
それに、マークシートの試験とは異なり、論文試験の場合、採点基準が不明確のため、なおさら心配であった。
とにかく、無事、合格。
ああ、よかった~~♪♪(*'ω'*)

ところで、もうひとつ、すっかり書き忘れていたことがある。
私が去年末、日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)に寄稿した投資分析の研究論文の話である。
先ほど書いたとおり、去年1月に日本テクニカルアナリスト協会の試験に受かった私は、せっかく資格を取ったのだから記念に1本、何か書きたくなったのだ。
コロナ禍の外出自粛で、論文を書く十分な時間があった。
とはいえ1週間程度で急いで書き上げたものなのだが、それがまさか、協会発行の論文誌に掲載してもらえるとは、私って、やっぱり、ラッキーですね♪♪(実力ではありません)

3月に協会の論文審査委員長のNさんから連絡があり、5月には担当の編集者からゲラが届いた。
「ゲラチェックをしてください」と書いてあったので、私は最初、「ゲラって何だろう?」と思った。
ここでは、私が書いた論文が作家の原稿にあたるわけだが、ゲラとは作家の担当編集者が起案した編集者版の原稿のことである。
通常、本や雑誌のフォーマットに従って作られるものなのだが、誤字脱字の修正をしたり、字数制限や段落分けの都合上、編集者が文章に少し手を入れることもある。
そのため、そういったことも含め、内容に問題がないかを作者が最終確認する必要がある。
つまり、ゲラチェックをしてくださいというのは、先生、校正してください、ということである。
そしてゲラチェック後は、あとは本になるのを待つだけなのだが、私の場合、そこからが非常に長く、約5ヶ月も待った。
編集部も印刷会社も、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の長期化で、業務が停滞したり、様々な苦労があったようなのだ。
が、その間、私だって本当に本ができあがるのか心配だったし、ママ殿は私よりもそのことを気にしているようだった。

「本はいつできあがるの??」
「編集部に聞いたら、もう少しだって。」
「もう少しもう少しって、あんた、ずっと同じこと言われてるじゃないの。」
「そうだけど、、、」
「あんたの書いた論文が本に載るなんて、話がうますぎるのよ。」
「まあ、そうなんだけど、、、」
「ねえ、それって、うそなんじゃない!?」
「えっ??」
「実は、その編集部は本を作ってるふりをしてるんじゃないの??」
「いや~、さすがにそれはないと思うけど。」
「どうしてよ??」
「「会社四季報」で有名な東洋経済の編集部の人なんだから。そこの編集長が、いま作ってますと言うんだから、間違いないと思うよ。」
「ふ~ん、どうかしら。「会社四季報」なんて知らないわ。」
「・・・・・・・・・」(まあ、ふつうは知らないか)

そんな感じで夏が過ぎ、ようやく先月のこと、高島屋で買い物をして帰宅すると、他の郵便物と一緒に書籍の束(執筆者は多めにもらえる)が家の玄関に置いてあった。




「届いたみたいよ。」
「おお!!」
「あとで見せなさい。それに、何冊もあるなら、、、私も1冊、ほしいわね。」
「まさか読むの??」
「読みません。専門家じゃあるまいし、読んでも分かるわけないでしょ。」
「そ、そうだよね、、、」
「おやつにしましょう。高島屋でどこのケーキ買ってきたの??」
「アンリシャルパンティエのチョコレートケーキ。」
「すぐ紅茶を入れるわ。」

予定よりだいぶ遅れていたから、ママ殿も私も、無事できあがってホッとしたのだった。


アンリシャルパンティエのチョコレートケーキ


「2021年日本テクニカルアナリスト協会寄稿論文「トレンドラインと移動平均の関係の考察から」解説講義」