2020/01/14

東京オリンピックの気分

今日はワイン教室の日。
午前中、家を出て、途中、柏高島屋のイワキメガネで眼鏡の手入れをしてもらった。
ちょうど店長のSさんがいたので、メガネの手入れをしてもらっている間、新年のご挨拶と恒例の世間話をした。
Sさんと、今年はどんな年になるだろう、と話した。
その後、他の用事を済ませてから、柏駅~常磐線~北千住駅~東武線~押上駅へ。
まず、東京スカイツリーのソラマチのかたすみにある郵政博物館に行った。

この郵政博物館、便利な場所にあるのに空いている。
しかし郵便の歴史のほか、ユニークな企画展もしており、入館料はたった300円、おすすめである。
館内は常設展示、切手コレクション、企画展示の3つの場所からなる。
今回の企画展はお正月ということで、「年賀状展」であった。
今年の干支にちなんだかわいい作品の数々が所狭しと飾られていた。








東京スカイツリーで買い物をしてから、押上駅~半蔵門線~三越前駅~銀座線~新橋駅へ。
午後3時過ぎ、汐留パナソニック美術館に到着。
今回は「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」という建築の企画展であった。
ただ、パナソニックはたまに建築の企画展をするが、模型や設計図を見せられても、どうも私はピンと来ないのである。
入口に東京五輪のカウントダウンのブースがあった。
早くも東京オリンピックの気分だな、と思った。


汐留パナソニックミュージアムのオリンピックのカウントダウンの置物


その後、新橋駅~銀座線~表参道駅へ。
国道246号線のマクドナルドでコーヒーを飲んだ後、ワイン教室のあるビルへ。

おや、玄関ロビーのカウンターに、無料の絵馬サービスがある。
絵馬に願い事を書き、シールを貼って隠し、箱の中に入れた。
開運招福か、、、
今年は東京オリンピックだし、いいことがあるだろうか。




キャプラン


ワイン教室の帰り道は、いつもならアフターの飲み会だが、ABCクッキングの予定があるので、ひとりで、表参道駅~千代田線~北千住駅へ。
実は前回の料理教室の時、カサを置き忘れてしまったのだ。
ワイン教室の帰りにあえて料理の予定を入れたのも、そのカサを忘れないうちに、すぐ取りに行くためであった。

世の中には、大事な忘れ物をしても、誰かが持っていると分かると途端に安心し、なかなか取りに行かない人がたくさんいる。
しかし、私はなるべく早く取りに行くようにしている。
言うまでもないが、忘れ物を平然と人に預けておくのはだめだめである。

法律的にはこういう場合を事務管理というが(民法700条~)、事務管理者には、善意で預かっている場合でも一定の義務や責任が生ずることになっている。
つまり、法的な意味でも、忘れ物を預かってくれている人に、ご迷惑をかけているのである。
まあ、忘れ物を取りに行くのを忘れてしまった、というのもありがちな話で、それは仕方がないとはいえ、いかにも間抜けな話でもあるから、忘れ物はなるべく早く取りに行きましょう。