2020/11/28

アングラ劇団員人違い事件

以前、演劇の専門家で日本芸術文化振興会のPD(プログラムディレクター)のN先生から、演劇の歴史を非常に分かりやすく教えてもらったことがある。
その時、アングラ劇団の話が出たので、私はRさんのことを思い出したのだが、アングラ劇団って、そういうことなのか!!と私は思った。

Rさんは、これまで何度かブログに登場したことのある岩下志麻似の劇団員の女性である。
彼女とは数年前紹介で知り合い、それ以来の友達だが、劇団員といっても「劇団四季」ではなく、都内のアングラ劇団の劇団員である。
公演前になると、彼女は割り当てられた前売券を売りさばかなくてはならず、ある時、私にも声がかかり、前売券を購入して都内の小劇場まで見に行った。




1度目の公演は、都内の住宅街にある地下劇場で開催された。
アングラ劇団は、このような場所で公演をするのだが、まるで反社会活動のようでもある。
ただ、内容はそう過激なものではなく、新撰組の時代劇で、今流行りの普通のものだった。
数ヶ月後、また公演があり、チケットを買って見に行った。
そうしたらまた都内の雑居ビルの地下の小劇場であった。
ただこの時の公演は、戦争がテーマの真面目な作品で、どうも彼女の演技も堅苦しくて、らしくなかった。

さて、公演前の彼女は、稽古とバイトで多忙である。
が、公演が終われば稽古がなくなり、バイトがなければひまである。
その時、何度か遊んだことがあるのだが、ただ、一緒に遊ぶことになったきっかけが、何ともマヌケな話なのであった。
彼女は最初の時代劇の公演では準主役を演じていた。
舞台の役者たちを見ながら、私はどの娘がRさんなのかよく分かっているつもりだった。
白いワンピース(?)のような服の娘がRさんだ、と思ってずっと見ていた。
舞台終了後、出入口の通路に出演者たちが一列に並び、帰りの観客を出迎えていた。
私は真っすぐその女性に向かっていき、「Rさん、素晴らしい演技でした~」と話しかけ、握手を交わし、急いでいたのですぐ立ち去った。
が、実はそれはRさんではなく、別の役者だったのだ。
離れたところから私とその女性のやりとりを見ていたRさんは、カチンと来たらしい。
翌朝、彼女から、あれは私じゃないんですけど~というお叱りの連絡があり、私は何度も謝罪をし、今度ご飯をおごりますから~ということで決着した。


銀座三越ラデュレ


銀座三越ラデュレ


東京ミッドタウン


東京ミッドタウン


東京ミッドタウン


まあ、時代劇なので、よく分からなかったのである。
女性陣はみな厚化粧をし、髪型も変え、仰々しく仮装している。
舞台だからテレビのように顔のアップを見れるわけでもない。
なので、私が人違いをするのも十分な理由があったのだが、ずいぶん失礼で、まぬけな話であった。

その後、Rさんは劇団に見切りをつけた。
都内の飲食店に就職したのだが、さすがに、アングラ劇団員を何年もやってはいられないということだろう。
また、彼女は大変に料理上手で、稽古後に男性の劇団員たちのための食事を作るのが大変だ、とぼやいていた。
だから彼女には適職と思ったが、ほどなく新型コロナウィルスが蔓延し、都内のその店も感染対策に追われたり、休業に追い込まれたりと厳しい経営状況となった。
最初のうちは近況を話したりしていたが、これだけ自粛が長引くと、お互い立ち入った話もしなくなった。
店は何とか営業しているようなので、機会があれば年末にでも、応援のため彼女の店をのぞいてみようと思うのだが、どうなんだろう。
ここまで大変な思いをして劇団員を長く続けたRさん、、、結局は数年後、劇団員として復帰を果たすような気がするのだが??