2021/05/02

わたし、あんみつ先生です!!

年初から新型コロナウィルスが猛威をふるっており、途中どうなるものかとヒヤヒヤしたが、無事3月末までに金融経済セミナーを終えることができた。
その数日後、女友達とランチをした。
友達に横浜の旅行のおみやげ(崎陽軒のシウマイ)を配っているというので、それをもらったのだが、その時、私はおみやげのほかに、のど飴ももらった。
彼女はセミナーの受講生ではないが、私のワインバーを巡る紆余曲折を知る者のひとりである。
紙袋には小さなメモが付いており、「ひとまずお疲れ様でした、私でも分かるセミナーなら行きます」と書いてあった。
のど飴は、長時間の講義の癒しのために差し入れてくれたのだろう。
確かに、講義後は声が少しかすれてしまうこともあったが。
しかし、マイクを使って話すので、一晩たてば回復する。
予備校講師は2時間以上早口で話し続けるし、オペラ歌手はマイクなしで長時間歌い続ける。
それに比べれば、軽いものだ。
今はコロナ禍なのでできないが、飲酒後にカラオケをすればもっと声はかすれるわけだしね。


あんみつみはし


ところで最近、私は自分のことを「あんみつ」ではなく、「あんみつ先生」と呼んでいる。
まず、自分のことを「あんみつさん」と、さん呼ばわりするのは、ものすごく違和感があるので、やめた。
また、「あんみつさん」「あんみつ」だと、何なのかよく分からないと言われた。
例えば「あんみつ」だけだと、どこにあんみつがあるのですか、あなたはあんみつを食べたいのですか、というように相手に理解されることがある。
そこで、自分自身を「先生」呼ばわりするのは非常に変なのだが、それを承知で、「あんみつ先生」と言うようにした。

その方が、Googleなどの検索エンジンで見つけてもらいやすいことにも最近になって気付いた。
試しにこのブログの検索キーワードを調べると、「あんみつさん」「あんみつ、ブログ」で検索するユーザーが多い。
しかし、これでは和菓子のあんみつの説明や画像が表示されたり、あんみつ屋の店長のブログが上位に来たりして、私は敗れることになる。
今後、自分自身が「あんみつ先生」と普段から言うようにすれば、検索する人が、「あんみつ先生」「あんみつ先生、ブログ」と自然に入力するようになるだろう。


そういうわけで、ブログタイトルを、あんみつさんのブログ⇒あんみつ先生のブログとしました^^