2020/03/26

ワインバー開業計画(2)無期限延期

今日は、「マッチマーケット」の運営団体の代表者のUさんと会って話す約束をしている。
約束の当時は、新型コロナウイルスの蔓延が今ほどひどくなかったため、今日の議題は、どのようなコンセプトのワインバーをしたいのか、である。
しかし、もはやこの状況だと、ワインバーを開業しても大丈夫なのか(いや、常識的に考えて大丈夫じゃない!!)、という点が問題である。
私としてはそこを議論したいのだが、前代未聞のことでもあり、聞かれる方のUさんもよく分からないだろう。


マッチ取手レンタルオフィス


待ち合わせ場所は、取手駅前の西友5階にあるレンタルオフィス「マッチ取手」である。
私が先に到着し、会議室で待ったが、レンタルオフィスの女性職員と一緒に60代半ばのおじさんが入ってきた。
てっきり市内の実業家が代表者なのかと思っていたが、そうではなかった。
代表のUさんは都内からいま電車で来たばかり、本業は経営コンサルタントのようだ。
この人、きつい大阪弁を話すので大阪人に間違いないが、首にスイカ入りの名札ケースをぶら下げており、デキる経営コンサルタントには見えないぞ。
しかし、今日は私がUさんに経営相談をするタテマエだから、私たちの会話は早速そのような流れとなった。

私はワインバーのコンセプトを説明したり、Uさんの質問に答えたりした。
しかし、新型コロナウィルスなのにワインバーを開業するのか、という根本的な質問はなかった。
開業するつもりだからここに来ている、と思われていたのだろうか。
まあ、私は物件を借りるお客さんなので、自分たちに都合の悪い質問はしたくなかったのだろう。
でも、私が逆の立場なら一応その質問はするので、最初、私はUさんにあまり好感を持てなかった。

「あの~、私はワインの銘柄を当てたお客さんに景品を出したいんですが、どう思われますか??」
「へえ、おもしろそうだね。」

Uさんが食いついてきたので、私はマッチマーケットの事務局で何か景品を出せませんか、と聞いてみた。
マッチマーケットはセブンイレブンの向かいの好立地にありながら、地元の人にも認知度が低いのである。
それなら、私のワインバーの景品が、マッチマーケットのロゴ入りのタオルやペンなどであれば、この場所のいい宣伝材料になるだろう。
するとUさんは思い出したように言った。

「そういえば、ロゴ入りのワイングラスが事務所のどこかにあったはず。事務室でちょっと聞いてくるよ。」
「すみません。」

Uさんが会議室を出て、事務室の方へ消えた。
景品をタダで提供してくれるなんてありがたい、と私は思った。
が、戻って来たUさんがくれたのはワイングラスではなかった。
どうも、Uさんはビール党のようである、、、


マッチマーケットの記念のグラス


それ、最後の1つだったから、きみに記念品としてあげるよ。

そっけない感じの言葉だが、こういう状況なだけに私は貴重品をもらったような気分で、ありがたかった。
私はUさんにお礼を言い、その後また20~30分話したが、どんどん失敗しなさい、と何度も言われた。
自分の年齢でそれはまずいと思うが、絶対に成功しなさいと言われるよりはマシである。
また、やや拍子抜けしたが、べつに頑張らなくてもいい、と言われた。
失敗していい、負けていい、頑張らなくていい、なんだか経営コンサルタントらしくないセリフの連発だった。
しかし私はこれを聞き、少しUさんを見直した。

私は何事もチャレンジだと思っている。
が、Uさんのアドバイスのポイントは、その気になったら、ちょっと事業を手がけてみればいい、という軽いノリなのだと思う。
起業家のチャレンジは失敗に終わることの方が多いので、軽いノリでも真剣なノリでもどうせ似たような結果になるのだ。
むしろ深刻になるとあとが大変である。
たぶん、私にこう言いたかったのだろう。

世の中、新型コロナウィルスで大騒ぎになっているけれど、失敗するつもりでワインバーに取り組んでみなさい。この条件なら失敗したって誰もが納得、どうってことないんだから。

しかし、さすがにこの状況では、、、と思ったので、私はUさんにこう言った。

「しばらく様子を見ます。」
「どれくらい??」
「分かりません。でも、この状況では、見通しがつくまでは新しいお店はできませんから無期限延期です。」