2019/09/06

All qualifications are Eternal assets

YVES SAINT LAURENT


イヴサンローラン(YVES SAINT LAURENT)は、クリスチャンディオールの一番弟子である。
今日はワインスクールに行く前に、銀座でイヴサンローランの展示会を見た。
場所はポーラビルの3階「ポーラミュージアムアネックス」、ただこのギャラリーは狭いので、大がかりな展示会ではない。
オートクチュールというともはや売るものではなく見るもののようである。
展示会では、イヴサンローランのオートクチュールの作品を間近で見ることができたのだが、ギャラリーの一角に、ラッパ型の服を着た日本人の女性モデルの写真があった。
この服はサンローランの代表作なのだが、やはり時代の変遷を感じるというのか、サンローランといえども私は古くささを感じてしまう。


YVES SAINT LAURENT


銀座4丁目交差点のソニーイメージングギャラリーへ。
今日は「超老たちの手(田中良知)」というユニークな企画展をしていた。
その職業(道)を極めた老人たちの手の写真が展示されている。
顔を整形して若く見せたがる芸能人、彼らの手もそうだが、人間の手は正直で年齢や苦労を隠せないものだ。
老いたピアニストの手、老いたバーテンダーの手、老いた助産婦の手、手は職業の因縁である。


銀座ソニーギャラリー「超老たちの手」写真展


銀座ソニーギャラリー「超老たちの手」写真展


その後、松屋の銀座キャピタルに行き、ケーキセットを食べた。
そこから向かいのシャネルのギャラリーにも立ち寄ったが、今回は「ヴァンサンタヨガナンタン」という読みにくく変わった名前の写真家の作品展だった。
透き通るように美しい作品の数々は、インドの日常をアナログカメラで撮影したものだという。


シャネルネクサスギャラリーの「ヴァンサンタヨガナンタン」の写真展


シャネルネクサスギャラリーの「ヴァンサンタヨガナンタン」の写真展


私はインドの美男美女のことが気になった。
美男美女の黒と白、そのコントラストがいい。
また、ユニークで詩的な文章が壁に書かれており、それもまた気になった。

王子さまがお城を追放されてしまったら、誰もあなたのことを王子様だとは思わない。

メモも写真もないのでうろ覚えだが、そんな文章が書いてあった。
つまり、「馬子にも衣裳」の反対の意味である。


キャプラン


夕方、青山のワイン教室「キャプラン」へ。
WSET3の受験講座も終盤で、今夜は教科書の最後の方のシェリーとポートワインの話だった。

おや、T先生の今日のファッション??
黒いシャツ、ベージュのロングスカート、黒いヒール。
指示棒を持って講義をしているその姿が、黒魔術の魔法使いのようにも見えた。

先生の話だと、シェリーとポートワインは教科書の最後の方にあるからといって、ほとんど出ないと思ったら大間違いです、試験には頻出の箇所ですから必ず勉強しておくように、とのことだった。
WSETの資格試験まであと1ヶ月ほど、私の試験勉強はあまり進んでいない。
T先生のヤマあてマジックに賭けてみようかな。
私はワイン業界の者ではないので、この試験に落ちてもどうなるわけでもないが、「馬子にも衣裳」でワインの資格がほしいのだ。

王子さまがお城を追放されてしまったら、誰もあなたのことを王子様だとは思わない。

いつお城を追放されてしまっても大丈夫なように。
全ての資格は一生ものの財産である。