2022/09/11

I'm giving mom a private lesson at night

講演会控室


9月は2度、講演の依頼をいただいている。
いずれも法律の講演会である。
1つは障害者施設で契約トラブル対処法の講演会、こちらはすでに終わっている。
もう1つは農協のイベント会場で相続、終活の講演会、こちらは下旬の予定である。
この間、3週間ほど出番はないが、月2度の講演では少ない。
日頃から練習や準備も怠らずにしておきたいものだが、何かいい手はないだろうか。
おやつのフィナンシェを食べながら、あんみつ先生は、ふと、こんなことを思い付いた。


洋菓子店アリスベル、フィナンシェ


「ママ殿、ちょっといいですか。」
「な~に??」
「講義の練習のため、ママ殿に個人授業をしたいのですが、どうでしょう??」
「あら、おもしろそうじゃない♪♪ テレビは退屈なので、ちょうどいいわね。」

というわけで、最近の私は、晩ごはんを食べた後、ママ殿を相手にマンツーマンレッスンに挑んでいる。
資料の余りを渡して毎回30~40分ほど、テーマを決めて話すのだが、ママ殿は夜テレビを見るよりも私の講座を聞く方が、息子からおもしろい話が聞けると上機嫌である。
なんだか、学生時代の家庭教師のアルバイトを思い出すなあ、、、
ただ、至近距離で講義をするとお互い気恥ずかしいので、私はダイニングテーブルで、ノートパソコンを見ながら話す、ママ殿は数メートル離れたソファーに座って聞いている。

ちなみに先週はこんな感じ。

(日)終活(相続と遺言)
(火)成年後見
(水)日本の年金制度と福祉制度の持続可能性
(金)インターネットトラブルの対処法
(土)インフレと金融緩和

「もっとゆっくり、はっきり喋ってほしいのよ。」
「分かってるけど、つい早くなってしまうんだよね。」
「アナウンサーみたいに上手に喋りなさいよ。」
「う~ん、、、」

ママ殿は、年を取ると誰でも耳が悪くなるから、テレビのアナウンサーのように滑舌よく話してくれないと聞き取れないという。
しかし、時間内に終わらせなくてはいけない、言うべきことがたくさんある、、、そういった講師側の事情もあるので、なかなか呑気に喋っていられないのだ。
しかし、終活講座の受講生はほとんどが高齢者だから、ママ殿の指摘は非常に重要だ。

成年後見の話をしたとき、ママ殿からこうも言われた。
「認知症の人は何も分からないから後見制度で保護する必要がある、とあなたは言うけれども、何も分からないわけじゃないのよ。」
「まあ、そうなんだけど、、、」
「忘れちゃうということなのよ。何も分からないと言われると、年寄りは人格を否定されたように感じます。」
「な、なるほど。次から気を付けます。」

簡単に表現をしただけで他意はなかったが、認知症の人に対する配慮が欠けていた。
自分が話したい内容を話す、と同時に、聞いている相手の気持ちも考えて話さなくてはいけない。
教え方がうまい、説明が分かりやすい、間違いがない、それはもちろん重要だが、思いやりと優しさ、あるいは謙虚さ、こういったことも講師にとって重要なのだ。

さて、今夜はママ殿に何を話そう、、、
調べものをしながら考えていると、ママ殿がおやつを持って来てくれた。


チーズケーキ


「はい、どうぞ。」
「いただきます。」
「ねえ、さっきニュースで見たんだけど、ECBだっけ??」
「えっ??( ゚Д゚) ECBはヨーロッパ中央銀行のことですが、何かありましたか??」
「ECBが金利を大幅に上げたって、さっきニュースでやってたよ。」
「ええ、そうなの~!?( ゚Д゚)」
「そうですよ。物価が高騰して庶民が生活に困っているから、金利を上げたのね。」
「ママ殿、さすがです。」
「それにしても、日本銀行は金利を上げないのかしら。」
「さあ、どうなんでしょう。私は日銀の中の人ではないので分かりません(*´з`)~♪」

以下、追記。
なんか、意外な展開に(*'ω'*)!!!
9月下旬の相続の講演会は、県内の主婦の会の主催で、農協のイベント会場でするのだが、ママ殿も急遽、参加することになったのだ。
ええと、、、ママ殿が私の講演を聞く、つまり、これは手前みそというやつではないか。
まじか。
最近、ほぼ毎晩、私の講義の練習相手になっているママ殿、一度、本番を聞きたいらしい😱イヤアアア

以下、追記。
講演会当日になり、「やっぱり行きません。」とママ殿。
「えー、どうして? 主婦の会の人も大歓迎と言ってましたよ。大丈夫ですよ。」
「いいえ。親ばかなので、恥ずかしいのよ。」
「そ、そうですか、、、」
残念ですが、妥当な結論のような気もします。
この日の講演の参加者は20人ほどでした。
今後もっと大きな会場でたくさんの参加者の前で講演をするときに、ママ殿には堂々と聞きにきてもらおうと思います♪♪