2019/05/29

墨田区横綱1丁目?

今日はサロン経営者のKさんと会う約束をしている。
30代なかばのKさんは、起業して10年足らずだが、首都圏に数店舗のサロンを持っている。
Kさんが転居してから疎遠となっていたが、久しぶりに連絡を取り、秋葉原のカフェで会った。
昼過ぎ、Kさんは以前と変わらない明るい様子で待ち合わせ場所に現れた。
2人で路地裏のクラシカルなカフェへ。
私たちは一番安い250円のブレンドコーヒーを注文した。

Kさんはトレンドに敏感で、したたかな男である。
サロン経営者ということもあり、真面目な情報だけでなく、不真面目な情報にも通じており、彼と話すのは非常に面白い。
経営実務も熟知しており、経営者としてのぶっちゃけ話も非常に面白い。
男どうし1~2時間ほど話したが、サロン経営の課題、実践的な経営論、そして株式投資の話題にも及んだ。

驚いたことに、Kさんはいま、株式投資に夢中のようである。
もともとKさんと私は、2018年3月、パンローリング主催の投資戦略フェアの投資家交流会で知り合った(2019/03/09「パンローリングの投資戦略フェア、そして、文学座山本郁子朗読会、森鴎外「鶏」」)。
私は株主優待目的でディズニーランドの株式を少し保有する程度の株主であるが、だいたい、このディズニーの株だって、当時お付き合いしていた彼女がディズニーランドマニアだったから買ったものだ(2019/02/16「私の株主優待裏話(1)」)。
Kさんもまた、サロンの経営で忙しいから、私と同じく、株式投資は趣味程度といっていたはずだが、、、話を聞くと、去年からテクニカル分析を勉強して儲けたようである。
私はKさんからこう言われた。

「あなたって、ファンダメンタルズ分析だけでなく、テクニカル分析にも詳しいでしょう。投資顧問でも開業すれば儲かるのに!!」
「おお、なるほど、それは儲かるだろうね。」
「ただし、ハズしたら大クレームだよ。」(笑)
「あはは、そりゃそうだ。」

実際、彼は以前、投資顧問を利用したことがあるそうだが、上がる話を信じて言う通りに買ったら下がって大損をした、と言っていた。
しかし、彼に助言をした投資顧問は儲かっているから、彼にしてみれば投資顧問はおいしい仕事なのだろう。

彼はラクして金を稼ぐ方法をつねに考えている。
いつどうなるか分からない自営業(会社経営者)なら、それも当然だ。
確かに私たちは公務員や会社員のようにお気楽では生き残れない。
彼と話していると実に勉強になる。
時に目からウロコの発想を聞くこともあり、彼は不思議な才覚(嗅覚?)を持っているなあ、と感心する。
私は彼のような才覚を持ち合わせていないのだが、どうもこれは育ちの違いによるものだと思われる。
そのため、私はこれまでも、彼と仲良くなるほどに、お互い違う人間だと痛感せざるを得ない場面が何度もあったし、つまらないことで喧嘩をして疎遠になることもあったのだが、まあ、実を言うと、彼の転居前から少し疎遠だったのだ。
したがって、今日は少々気まずいけれども、Kさんとの仲直りの日であった。

Kさんと別れた後は、秋葉原駅から両国駅へ。
両国国技館の先の刀剣博物館へ行った。
今回は「日本刀の見方」というビギナー向けの企画展。
私は日本刀のビギナーなので、ちょっと見てみたかったのだ。
最近、日本刀が女性のあいだで密かなブームとなっているらしい。


刀剣博物館


確かに、展示室には熱心に日本刀を眺める若い女性が1人いたので、若い女性が1人でもいればブームなのかもしれない。
マンガやライトノベルは歴史ものも多く、それがきっかけで女性が日本刀にハマることも多いようだ。
今日はビギナー向けの展示でありながら、国宝と重要文化財の日本刀が並んで展示されていた。
これはちょっとすごいものを見たな、と私は満足して博物館を出た。
両国駅に戻る途中、両国国技館の手前の交差点で珍しい住所の表示を見かけた。
「墨田区横綱1丁目」と書いてある。


横綱1丁目


ふと私は、太った相撲取りにも日本刀はちゃんと刺さるのかを考えた。
欧米のサーベルは直線的だ。
が、日本刀は弓なりになっているからである。
相手があまりに太っているようだと、うまく突き刺さらないとも思うが、実際どうなのだろう。
例えば切腹の時、スマートな体型ならハラキリも簡単だ。
しかし、肥満だとうまくハラキリができず、ハラキリしそこねた、これでは末代までの恥だ。
まあ、そんなことどうでもよいのだが。


慶應MCC夕学五十講の柴山和久の講演会


そういえば、きのうは丸の内の慶應MCCで夕学五十講があり、ウェルスナビ株式会社の柴山和久代表取締役の講演を聞いた。
「テクノロジーを活用した資産運用の民主化」というタイトルで、小口の個人投資家がウェルスナビに資産を預けると、AIが自動運用して資産を増やしてくれるという。
柴山氏はその仕組みを説明したが、そのスマートな話術が、夢のような話を実現可能と思わせる。

だが、そう簡単にうまくいくのだろうか、と私は思った。
結局、投資顧問もそうだが、商売というのは「夢のような話」と「スマートな話術」でお客さんを惹きつける必要がある。
控えめな話を真面目に話しても、お客さんは財布をぶら下げて寄って来ない。
だから、私が、そう簡単にうまくいくのだろうか、と疑問に思うような話が、投資の世界では求められているのであり、そういう話を安易に信じる人が、投資の世界のイイお客さんということなのである。
つまり、今日の私は柴山さんのターゲティングから外れていた、ということ。


慶應MCC会場入口の展示作品


講演会が終わり、私はいつものように会場を出た。
講演会場は丸ビルの7階で、ロビーの壁には今月の作品が展示されていた。
どんな写真かと思い壁を見ると、一面真っ黒の不吉な版画だった。
黒くて分からないので、壁に近づいてタイトルを見た。


慶應MCC会場入口の展示作品


アッツ島玉砕、、、

角度を変えて眺めると、確かに日本軍の玉砕のさまが浮かんだ。
アッツ島玉砕、それはまだ敗戦ムードなどなかった1943年5月、日本軍最初の玉砕である。
アッツ島玉砕をもって、対米戦争はほぼ負けが確定したようなものだと思うが、日本の敗戦はアッツ島玉砕の日から2年3か月もあとのことなのだ。
2年3ヶ月ものあいだ、日本は何をバタバタしていたのだろうか、、、
まあ、これと似たような愚行を繰り返していたのだけど。

そういえば、どこかの美術館で見たような気がする。
藤田嗣治もアッツ島玉砕の絵を描いていたはず。
当時の芸術家たちは、日本の暗澹たる未来を予見し、衝動的に戦争作品を描かずにはいられなかったのだろう。
私はアッツ島玉砕の版画を見て、いやな絵を飾ってるなあ、と思ったのだが、他方で、いやし系の作品ばかり溢れるきれいごとばかりの現代社会が、何だかキモチ悪いと思うこともある。
全然いやされない不吉な作品や、ホラーのような作品だって、価値ある芸術なのである。
重要なのは真実で、「夢と現実」は区別する必要がある。
なお、先ほど「横綱1丁目」と書いたが、正確には「横網1丁目」である!!(この周辺を横網町という)。