2020/12/05

カスタムURLの設定、グーグルサイト(Googleサイト、GoogleSite)で作ったウェブサイトに独自ドメインを割り当てる

ブログにちょっと書き留めておくのは、自分にとっても良いことなのかもしれない。
備忘録ブログはよく目にするが、今まではそもそもブログを持っていなかったので考えたことがなかった。
書いたのに見つからないのが一番困るのだが、ブログならそういうこともなく、検索もすぐできる。


「カスタムURLの設定、グーグルサイト(Googleサイト、GoogleSite)で作ったウェブサイトに独自ドメインを割り当てる」



Googleサイトを使うとドラッグ&ドロップで簡単にホムペが作成できる。
私でも、レストランのウェブサイト、事務所や企業のウェブサイトにも使える十分なクオリティーのものが作成できる。
以前私は、Google Domainで独自ドメインを取得し、Googleサイトでワインバーのホムペを作った。
だが、新型コロナウィルスの影響でワインバーのオープンは難しくなり、結局それは日の目を見なかった。
再びワインバーのホムペを作るときのために(!?)、ここに方法を書き留めておこうと思う。



Googleサイト



https://blog.yamada-taro.com/
https://main.yamada-taro.com/

↑これはサブドメイン。
サブドメインのURLを割り当てる場合、Google Workspaceで設定をする必要がある。
Googleブロガーでは、ブログのURL設定のところでサブドメインを定めるだけで大丈夫である。

Google Workspaceの「管理コンソール」⇒「ドメイン管理」⇒「ドメインエイリアス追加」

https://main.yamada-taro.com/

↑これで、yamada-taro.comのサブドメインとしてのmain.yamada-taro.comを設定したことになる。
これでサブドメインのウェブサイトやメールもできるということ。



ドメイン管理

ドメインエイリアス追加



次に、ドメインを購入したところでも設定をする必要がある。
Google Domainで購入しているなら、Google Domainのページで、おなまえどっとこむから購入しているなら、おなまえどっとこむのページで。
何を設定するかというと、、、持っているドメインをGoogleサイトに関連付けるため。



GoogleDomain

yamada-taro.com、DNS、カスタムリソースレコード
画面左から、以下のように設定する。
wwwのところは、サブドメインなら、www+サブドメイン名(www.main)となる。



カスタムリソースレコード


www
CNAME
1h
ghs.googlehosted.com

www.main
CNAME
1h
ghs.googlehosted.com

↑これで持っているドメインがGoogleサイトに関連付けられた。
その後は、Google Workspaceの管理画面⇒「アプリ」⇒「Google Workspace」⇒「Googleサイト設定」⇒カスタムURL



Googleworkspace

Googleworkspace

カスタムURL

カスタムURL追加


以下のようになるとOKである。
①自分で作ったGoogleサイトのURLと、②指定した独自ドメインのURL。
①と②を関連付けるということ。
画面左から、、、

www.yamada-taro.com(サブドメインなら、main.yamada-taro.com)
sites.google.com/yamada-taro.com/toppage
新規
保留

なお、Googleサイト設定のカスタムURLの入れ方を間違えていると、「続行」をクリックできない。
正しい入れ方はこのようになる。

ダメな例
https://sites.google.com/yamada-taro.com/toppage

正しい例
sites.google.com/yamada-taro.com/toppage
これで続行ができるようになる。